戦略的撮影・編集

戦略的撮影・編集

アーツテックの戦略的撮影・編集とは

撮影準備

ご発注いただきましたら、まず、納品日から逆算してスケジュールを立てます。
そして、実際の撮影場所の下見(ロケハン※ロケーションハンティングの略)に行き、構成案や台本をもとに、構図や使用する撮影機材を決め、撮影当日の進行がスムーズに行くよう、抜かりなく準備をいたします。

さらに、インタビュー撮影がある場合は、対象者への事前取材。キャスティングが必要な場合は、お客様お立ち会いのもと、オーディションを開催。
こうして、撮影日を迎えます。

撮影準備

撮影

撮影の現場では、監督以下、カメラマンやライトマン、録音、ヘアメイク、スタイリストなど、各分野のスペシャリストがそれぞれ、ロケハンや打ち合わせを踏まえてシミュレーションしてきたことを結集させます。

動画の撮影では、天候や騒音など、その場になってみないとわからないことも多々あります。そんなイレギュラーの事態にも瞬時に対応。与えられた状況でそれぞれの技術を最大限発揮させて、最高の画を収めます。

また、撮影の際はお客様にお立ち会いをお願いしております。担当スタッフが1シーンずつ確認を取りながら進行することで、お客様との認識の違いによるミスを事前に防ぎます。

撮影

編集・校正・ナレーション収録

撮影を終えただけでは、動画制作は終わりません。
どんなにいい画が撮れても、編集の良し悪しで作品の出来は大いに変わってしまいます。

まず、膨大な撮影素材の中から必要なカットをつなぎ合わせ、そこにテロップやBGM・効果音などを乗せていきます。単純作業のようですが、テロップの字体や出方ひとつでも、まったく異なる印象に仕上がるため、非常に気を遣うデリケートな作業です。

そして、出来上がった作品を弊社の編集スタジオにてご確認いただきます。「もう少しこうしてほしい」「ここをもっと強調させたい」など、気づいた点はお気兼ねなくお申し付けください。後日、その場でいただいた修正指示を反映させたものを再提出させていただきます。
このやり取りを「校正」と呼びますが、校正可能な回数はお見積りの際に明記させていただいております。
また、弊社にお越しいただくお時間がない場合は、データをお持ちすることも、データを送付してご確認いただくことも可能です。

さらに、ナレーションを入れる場合は、イメージに合った声優・ナレーターをキャスティングし、お客様お立ち会いのもとで収録を行います。

編集・校正・ナレーション収録

戦略的に企画したものを、「売れる」「広がる」「目立つ」動画へと昇華させる実制作です。

B to Cの作品に関しては、私たちの作品はよく「映像がキレイ」「スタイリッシュ」「目立つ」などのお褒めの言葉をいただきます。
しかし、映像がキレイなだけでは、本当の実効果を出すことはできないと私たちは考えています。
たとえば、女性対象の商品動画の場合、映像をキレイに撮るのは当たり前のことです。
なぜなら、女性は、キレイではないものには見向きもしないからです。
キレイに撮るのは大前提として、いかに「欲しくなる映像」を撮影するか。そこがまさに、アーツテックの持つノウハウです。

B to Bの作品においては、私たちは「B to Bをもっとオモシロく」をテーマに掲げています。
ビジネスに使う動画であっても、何の面白みもない、カタログの焼き増しのような退屈な作品は、誰も興味を持って見ていただけません。B to Cや、エンターテインメント作品で培った絵作りをB to Bの作品に転用することで、実効果のある作品に仕上がると考えています。

また、編集においても、アーツテックは緻密に計算をしています。
見る対象の性別、年齢層などに応じて、最適なカットリズムで編集を行っています。
「蓄積されたノウハウ」と「緻密なロジック」で、効果のある動画を制作いたします。

お見積りは無料。
動画制作のご相談・ご依頼は、
下記よりお気軽にお問い合わせください。

CONTACT US

Copyright © 2009-2018 ARTSTECH CO., LTD. All rights reserved.