お客様のさまざまな課題を、アーツテックのブランディング動画が解決いたします。

ブランディング動画

企業の広告・宣伝活動において、自社や製品・商品をプロモーションする重要性が高くなっています。

企業が、自社をブランディングしていく意味とは、まず自分の会社が、「何をしている会社なのか」を訴え、さらには、「何を目指している会社なのか」を広く知らしめていくことにあります。

こうしたブランディングをしっかり行うことによって、株主様へのアピールにもなり、

さらには採用活動などにも良い影響を及ぼしていきます。

 

 

 

※契約・権利の都合により、一部の作品は非公開となっております。

※契約・権利の都合により、
一部の作品は非公開となっております。

アーツテック流「ブランディング動画」とは

ブランディングは、大きく「企業ブランディング」と「製品・商品ブランディング」の2つに大別されます。

「企業CM」と呼ばれる種類のTV-CMがあります。

商品やサービスの紹介をせず、企業のメッセージを伝えることに終始している類のCM。

これは、企業が消費者に対し、理念であったり、使命であったり、「届けたい」メッセージを伝えるためのもの。

 

これと同じ目的で、TV媒体以外のメディアで流すのが、いわゆる「企業ブランディング動画」と呼ばれるものです。

 

一方、「製品・商品ブランディング動画」とは、文字通り、自社製品・商品をブランディングするための動画。

 

「シャネル」や「ルイ・ヴィトン」「エルメス」「メルセデスベンツ」などを

思い浮かべてみてください。

商品の形や、色、雰囲気なども、すぐ思い浮かべることができるのではないでしょうか。

これは、見事に商品がブランディング化されていることを意味しています。

 

ヨーロッパのメーカーは、ブランディングの上手なメーカーが多い。

「高級」「上質」「質実剛健」「スタイリッシュ」など、

ブランディングされたイメージは、消費者の脳裏に焼きつき、いつまでも消え失せることはありません。

よって、商品をリニューアルする際も、改めてブランディングする必要はないわけです。

 

いずれにしても、ブランディングされた企業や商品は、ブランディングされていない企業・商品に比べ、圧倒的に有利な位置に立てると想像できます。

 

アーツテック流の「ブランディング動画」は、言ってしまえば簡単かもしれません。

「企業」であっても、「製品・商品」であっても、「緻密なロジック」を元に、企業名や商品名を覚えていただくのはもちろん、“オンリーワン”の印象を強く印象づける動画づくり。

それは、簡単なことではありません。

 

このブランディング動画で、弊社は数々の実績を積み重ねてまいりました。

実績ページでは、主に「企業ブランディング動画」を中心に掲載しております。

ストーリーのあるものや、TV-CM的なものなど、多種多様な作品群をどうぞご覧になってください。

 

お見積りは無料。
動画制作のご相談・ご依頼は、
下記よりお気軽にお問い合わせください。

電話番号 03-5362-1255 営業時間 10:00~19:00

CONTACT US

Copyright © 2009-2018 ARTSTECH CO., LTD. All rights reserved.