お客様のさまざまな課題を、アーツテックの感動動画が解決いたします。

感動動画

企業色、宣伝色を極力排した、ショートフィルム仕立ての「感動動画」。

広告色の強いものが嫌悪されるYouTubeなどのメディアで、この「感動動画」は、再生回数を稼ぐことができる、新しいスタイルのブランディング動画として注目されています。

アーツテックは、圧倒的な再生回数を持つ「感動CM」を、いくつも生み出してきました。

※契約・権利の都合により、一部の作品は非公開となっております。

※契約・権利の都合により、
一部の作品は非公開となっております。

アーツテック流「感動動画」

アーツテック代表・酒井靖之監督の代名詞とも言えるのが「感動動画」です。
弊社の「感動動画」作品の脚本・演出は、すべて酒井監督が手がけています。

酒井監督は、元々、演劇畑の演出出身。
映像の世界に入ってきてからも、映画の助監督からスタートし、テレビをはじめ、オリジナルドラマの監督を、数多く務めてきました。

数多のディレクターがいても、CMや動画制作の分野で、本格的なドラマを描ける人は数少ないのではないでしょうか。
酒井監督は、その数少ないひとりです。
2017年に公開された作品は、2週間で800万回再生された作品もあります。

YouTube等においても、人は「楽しいもの」、「笑えるもの」、「泣けるもの=感動できるもの」が、再生回数が高くなる傾向があります。
この「感動動画」は、やはり、視聴者に受け入れられやすいスタイルであり、ともすれば、並のTV-CMを超える効果が期待できると思います。(もちろん、TV-CMよりも、はるかに安い費用で制作可能です)
この「感動動画」を普及してきたのも、アーツテックであると自負しています。

演劇、ドラマの世界で培った作品の数々は、毎度大きな反響を呼び、ほとんどの作品が100万回を超える再生回数を記録しています。

御社の認知度・ブランディングアップに、ぜひ、「感動動画」をご検討ください。

「感動動画」のメリット

YouTubeという新しいメディアは、従来のマスメディアとは、かなり性質が異なっています。
例えば、TV-CMの場合、視聴者がテレビ番組を観ているなら、必然的にTV-CMを観ることになります。
しかし、YouTubeというメディアは、基本的に「見たいものを見るメディア」。
いつでも、どこでも、好きなときに、好きなものを見れるメディア、それがYouTubeなのです。

YouTubeユーザーとしては、好きなものを見たいので、TV-CMのようなつくり——広告色全開なものは、YouTubeでは見向きもされない、という事実があります。

では、YouTubeという、巨大なメディアにおいて、広告はいかにしたら見てもらえるのか?
5秒でスキップされる「True View 広告」しか手はないのか?

こうしたジレンマに応えうる手法こそ、「感動動画」なのです。

私たちは、クライアントの「伝えたい」を、視聴者の「知りたい」「見たい」に置き換えることで、「伝わる」「広がる」動画へと昇華させてきました。
お客様の「伝えたい」を、そのままカタチにしてしまうと、つまりは「見たくないもの」「伝わらないもの」になってしまいます。

「伝えたい」主旨を変えずに、視聴者が「見たい」ものに変換すれば良いのです。
その一つの例が「感動動画」。

「広告」は、見てもらわなければ、何の意味も為しません。
幸いなことに、私たちが作りあげた「感動動画」は、常に高い再生回数をとってまいりました。
これは、YouTubeユーザーに、受け入れられている何よりの証拠だと考えています。

TV-CMよりもはるかに安い制作費で、何百万人のユーザーに視聴してもらったなら、その費用対効果は計り知れません。
また、「感動動画」は、会社の認知度アップなど、ブランディングに関するものだけではなく、たとえば、SNSフィード広告として使用することで、HPへの流入率アップにも貢献できます。

YouTube、SNSユーザーに受け入れられる「広告」の新しいカタチ——「感動動画」。
ぜひ、ご検討ください。

お見積りは無料。
動画制作のご相談・ご依頼は、
下記よりお気軽にお問い合わせください。

電話番号 03-5362-1255 営業時間 10:00~19:00

CONTACT US

Copyright © 2009-2018 ARTSTECH CO., LTD. All rights reserved.