映像制作の流れについて

映像制作の流れについて

2019.04.02 (Tue)

映像制作の流れについて

会社を紹介したい、または自社ブランドの商品を取引先やクライアントに発表したいというときに、「映像を制作しよう」と考える企業も少なくないでしょう。また、映像制作に慣れていないために、何から始めたらよいのかわからないという悩みを抱えている方もいらっしゃるのではないでしょうか。

そこで今回は、自分たちで映像を制作する場合にどのような流れを押さえるべきなのかを解説していきます。ぜひ参考にしてみてください。

 

・目的やターゲットをきちんと明確にする

映像制作で一番大切なのは、「誰に向けた映像なのか」「何の目的で映像を制作するのか」ということです。この2点をきちんと把握していないと、せっかく映像を制作してもふわっとした雰囲気の映像に仕上がってしまいます。

映像を制作しようと思い立ったとすれば、それには何かしらの明確な目的があるはずです。例えば、新入社員や求職者に向けた会社紹介のための映像だったり、新しい取引先やクライアントへ向けた自社商品の紹介映像だったりと、映像制作の目的はさまざまあるでしょう。映像制作においては、目的やターゲットをきちんと確立させておくことが重要です。

 

・コンセプトがブレないようしっかりと脚本を作成する

自分たちで映像を制作する場合に大切なのが、映像の目的、ターゲット層、映像のコンセプトがブレないように脚本を作成するということです。自分たちで映像を制作するとなると、どうしてもこの3点がブレてしまいがちです。ここがブレると、いざ映像が完成して見直したときに、何を伝えたいのかいまいちよく分からない、ということになってしまいます。

そうならないためにも、映像内容をきちんと脚本として起こすことが大切なのです。きちんと脚本を起こしていれば、その脚本通りに進めることで、このようなブレの心配がなくなります。

 

・カメラマンや登場人物など必要な人材の確保と通常業務のタスク管理

自分たちで映像を制作するならば、映像の内容に応じた人材の確保が必要になります。カメラマンや進行役の人間はもちろんのこと、アシスタントや映像内の登場人物に見合った数の人間を社内から選出しなければなりません。

業務と並行して行うことになりますから、映像制作に携わる人が抱えている仕事のタスク管理なども必要になってきます。

 

・映像撮影はクオリティーを意識することが大切

自分たちで映像を制作するとなると、どうしてもアットホームな雰囲気の映像に仕上がってしまう場合が多いです。例えば、社内を紹介する映像を撮影するとき、カメラマンもインタビュアーもインタビューを受ける人間も自社の人間ですので、どうしても「仲間感」が出てしまいます。

企業の映像となるとスタイリッシュなものが評価される場合が多いので、あまりにもこのような印象が強く出てしまうと、あまり良い反応を得られない可能性が高まります。

 

・映像の編集・本格的な制作段階へと移る

撮影が一通り終わったら、いよいよ映像編集へ入ります。この工程は映像の仕上がり具合を決める重要なポイントとなるので、手を抜かずにしっかりと行うことが大切です。
映像の見せ方や演出の仕方は、技術とセンスがカギを握ります。映像の編集に関して、何らかの知識や技術がある人物を抜擢しておくことをおすすめします。

 

・自社で作るのが難しい場合は映像制作を専門に行っている業者に依頼する

自分たちで映像を制作すれば、かなりオリジナリティ溢れる映像を制作することができます。しかし、さまざまな工程や流れをしっかりと把握しておかなければならないほか、ただ撮影して編集するだけではなく、演出や見せ方などに技術やセンスも必要となってきます。

こうした労力をかけることが難しいという企業の場合、映像制作を専門に行っている業者に依頼するという手もあります。この場合、打ち合わせなどを重ねる必要はありますが、かなり本格的な仕上がりの映像が制作できます。

場合によってはこちらも検討してみましょう。

お見積りは無料。
動画制作のご相談・ご依頼は、
下記よりお気軽にお問い合わせください。

電話番号 03-5362-1255 営業時間 10:00~19:00

CONTACT US

Copyright © 2009-2018 ARTSTECH CO., LTD. All rights reserved.