秀逸な動画プロモーションの事例と効果的な活用方法

秀逸な動画プロモーションの事例と効果的な活用方法

2018.12.19 (Wed)

秀逸な動画プロモーションの事例と効果的な活用方法

インターネット、特にSNSによる情報拡散力が高まりを見せている今の時代は、プロモーション動画の活用によって自社の商品やサービスなどを広く知ってもらう絶好のチャンス。

 

「このプロモーション動画は面白い、他の人にもぜひ見てほしい」と感じる人が多ければ多いほど、動画が拡散され、より認知度が高まっていくという好循環が生まれる環境が整っています。 ここでは、秀逸な動画プロモーションの事例と効果的な活用方法をご紹介します。

 

・印象に残るプロモーション動画の事例 印象に残るプロモーション動画の事例

プロモーション動画は、テレビCMのように多額の宣伝費用をかける必要がなく、基本的には制作費だけで済み、コストパフォーマンスにすぐれた宣伝方法ですよね。

しかし、世の中にはすでに非常に数多くのプロモーション動画が出回っています。「企業の言いたいことや紹介したい商品・サービスなどの情報をただダラダラと説明・紹介するだけ」のプロモーション動画では、ネットでの拡散もあまり期待できません。

 

プロモーション動画がネットで拡散され、十分な宣伝効果を発揮するためには、「分かりやすいインパクト」や「思わぬ視点を利用し、見た人が思わずうなってしまう工夫」などが必要です。

以下では、秀逸だと話題になっているプロモーション動画の事例をいくつかご紹介します。より効果の高いプロモーション動画を制作するためにも、良い例を参考にしてみましょう。

 

*事前に仕掛けをして、まるで超能力のように見える不思議現象を作り出して一般人に見せ、それに対する驚きの反応をまとめたドッキリ企画動画的なものを、「超能力者が主人公となる映画のプロモーション動画」にする。

*騒音の少なさがセールスポイントとなっている掃除機がどこまで静かなのかをイメージさせやすくするために、その掃除機が出す音の範囲内で、非常に静かなオーケストラを演奏する。そして、演奏後の拍手が、その掃除機が出す音をはるかに上回っていることも数値でしっかり表示して見せる。

*最初の数十秒で、まるでテレビCMのようにポンポンとテンポよく商品紹介して興味をひいておき、そこから数分かけて「その商品が従来のものと比べて何がどう違うのか」をしっかりと分かりやすく説明するなど、「つかみ」の部分でグッとひきつけた上で、その後に「納得感」を与える構成にする。

*イベント出場者のインタビューを一言ずつ繋ぐような流れで、まるでドキュメント番組の出だしのような雰囲気を作る」という形で、見る人に「これは何だろう?」と思わせる。

 

・SNSや企業説明会などプロモーション動画は様々に活用できる SNSや企業説明会などプロモーション動画は様々に活用できる

プロモーション動画の活用方法としては、まず自社の公式サイトにプロモーション動画を設置することが基本。ですが、プロモーション動画をより効果的に活用したいのであれば、そこにプラスアルファの媒体を加えるということがおすすめです。

手軽で拡散力のあるおすすめの活用方法としては、「ツイッターやフェイスブックなどのSNSで配信する」というものが挙げられます。動画サイトにプロモーション動画をあげた上で、それをSNSからリンクさせる、という方法もおすすめです。

他にも、「企業説明会など、企業アピールの場で流す」「街中でのビジョン広告にも利用する」などといった活用方法があります。

 

・プロモーション動画はプロに制作を依頼することがおすすめ

プロモーション動画は自社で制作することも可能ですが、動画制作に精通しているスタッフが担当しない限り、パッとしない仕上がりになってしまいがちです。プロモーション動画はインパクトや人を惹きつける力が必要だからこそ、制作はプロの動画制作会社に依頼することをおすすめします。

テレビCMよりはるかに安価で作れますので、経験豊富な業者への依頼をぜひ検討してみましょう。特に印象に残ったプロモーション動画があれば、そのイメージを業者に伝えるのもおすすめです。

 

【参照URL】
https://tao-iw.com/blog/2017/04/148/
http://pencre.com/video-promotion/#i-2

お見積りは無料。
動画制作のご相談・ご依頼は、
下記よりお気軽にお問い合わせください。

電話番号 03-5362-1255 営業時間 10:00~19:00

CONTACT US

Copyright © 2009-2018 ARTSTECH CO., LTD. All rights reserved.