動画プロモーションのメリットや活用方法、成功事例を紹介

動画プロモーションのメリットや活用方法、成功事例を紹介

2022.04.19 (Tue)

動画プロモーションのメリットや活用方法、成功事例を紹介

インターネット、特にSNSによる情報拡散力が高まりを見せている今の時代は、プロモーション動画の活用によって自社の商品やサービスなどを広く知ってもらう絶好のチャンス。

 

「このプロモーション動画は面白い、他の人にもぜひ見てほしい」と感じる人が多ければ多いほど、動画が拡散され、より認知度が高まっていくという好循環が生まれる環境が整っています。 ここでは、秀逸な動画プロモーションの事例と効果的な活用方法をご紹介します。

 

プロモーション動画とは

商品やサービスのメリットを紹介するために作成する動画のことです。文字や写真だけの広告よりも、強いイメージを与えることができるのがプロモーション動画のメリットです。

 

 

プロモーション動画の目的と効果

プロモーション動画を制作する目的は、商品やサービスの販売促進、さらに認知拡大やブランディングといった目的もあります。一方で、商品やサービスが持つコンセプトを伝え、共感を得てファンを増やすのを目的とする場合もあります。

 

 

 

企業認知度向上・企業ブランディング

 

動画プロモーションは、企業のブランディングを向上に活用することができます。

動画にはテキストや画像だけより訴求力が高く効果的という特徴があります。企業のブランディングやプロモーションに多く活用されているのはこのためです。インターネットの普及やSNSの活況により、多くの企業の広告がネット上に掲載され、なかでもオリジナリティにあふれた動画を制作し、自社ならではのイメージを視聴者にアピールし成功している企業はたくさんあります。

 

消費者が商品やサービスの購入をする場合には、商品の特性や機能面、コスト面だけではなく企業自体のブランドへの共感も要になり、企業の信頼感があるのかが重要になるのです。

 

成功例を見ていくと、自社の理念やビジョンをしっかりとココロに響くものとし、発信することも大切になります。消費者が自社商品の社会的ミッションや企業ビジョン、理念に共感することで、企業(ブランド)のファンとしてリピーターとなり今後の購買効果も期待できます。

 

 

 

商品・サービス販売促進

 

継続して売上を上げるためには、効果的なマーケティングが必要です。動画は効果的なマーケティングとして継続して、商品やサービスの価値訴求に貢献することができます。

 

動画を制作をする際には、ユーザーの目線で考えていくことが重要になります。ユーザーが「知りたい!」「みたい!」「欲しい!」というニーズや必要だと感じる情報のリサーチが大切です。

 

ユーザーはブランドやその企業の理念やビジョンに共感しファンとなることで、購買意欲が高まるといわれています。そのためには、視聴者のココロに響く、共感力の高い動画制作が要になります。豊富な表現手法を駆使して商品やサービスの魅力を伝えるとともに共感力を意識することが大切です。

 

 

 

プロモーション動画のメリット

 

短時間で多くの情報を与えることができる

 

動画プロモーションのメリットとしては、短時間で多くの情報を与えることができることです。

動画は観るだけで視聴者に情報を伝えることができ、瞬時に理解しやすくなります。短時間で内容の濃い情報を分かりやすく伝えられるため、発信する企業としては自社の魅力をアピールしやすいというメリットがあるのです。

 

 

 

言葉だけでは伝わらないイメージが伝わる

 

テキストや画像では伝わりきれないような、ニュアンスや雰囲気、空気感まで伝えられる点もメリットです。

 

また、無形商材などカタチにならないサービスや新ソリューソンといった概念なども分かりやすく伝えることが動画では可能です。

 

それ以外にも類似商品があった場合には動画を活用することで差別化することでよりブランディングしやすくなるでしょう。競合商品では伝えきれていないような、見せ方や、商品の使い方、消費者の声などは動画にすることでより雰囲気を伝えることが可能です。

 

 

 

ユーザーの記憶に残りやすい

 

動画は、視覚と聴覚の両方に訴えかけることができるため、ユーザーの記憶に残りやすいというメリットもあります。

 

視覚に訴えるには印象的な映像を作り込むことや、字幕のテロップをより効果的に強調したいタイミングで挿入することがポイント。

 

聴覚に訴えかけるためには、自社商品やお店のイメージに合ったこだわったBGMで、ユーザーに感じてもらいたいブランドイメージを与えることができるでしょう。その商品に合わせたBGMが大切になります。音楽を通して、ユーザの印象に残りやすくなります。結果、購買という行動につながっていく効果が期待できます。

 

 

 

 

SNSや企業説明会などで繰り返し活用できる

 

動画の制作は準備や時間など大変な部分もありますが、一度制作してしまえば、1年から3年くらいは何度でも使うことができるというメリットがあります。

営業ツールとしてや、オンライン上だけでなく、イベントや展示会、企業紹介(採用活動)でも使えるでしょう。繰り返し使えるということは、プロモーションするためのツールを都度用意する必要がないのと、企業内でのブランディングの統一が図れます。

 

 

 

印象に残るプロモーション動画の事例

 

印象に残るプロモーション動画の事例

 

プロモーション動画は、テレビCMのように多額の宣伝費用をかける必要がなく、基本的には制作費だけで済み、コストパフォーマンスにすぐれた宣伝方法です。

しかし、世の中にはすでに非常に数多くのプロモーション動画が出回っています。「企業の言いたいことや紹介したい商品・サービスなどの情報をただダラダラと説明・紹介するだけ」のプロモーション動画では、ネットでの拡散もあまり期待できません。

 

プロモーション動画がネットで拡散され、十分な宣伝効果を発揮するためには、「分かりやすいインパクト」や「思わぬ視点を利用し、見た人が思わずうなってしまう工夫」などが必要です。

 

 

企業紹介プロモーション動画

 

「想像をカタチに、想いをひとつに」

株式会社板屋製作所

 

 

 

 

商品プロモーション動画

 

「With the power of beauty」

アサヌマコーポレーション

 

 

 

採用プロモーション動画

 

「人に寄り添う」

松田平田設計

 

 

 

 

 

プロモーション動画はプロに制作を依頼することがおすすめ

プロモーション動画は自社で制作することも可能ですが、動画制作に精通しているスタッフが担当しない限り、パッとしない仕上がりになってしまいがちです。プロモーション動画はインパクトや人を惹きつける力が必要だからこそ、制作はプロの動画制作会社に依頼することをおすすめします。

テレビCMよりはるかに安価で作れますので、経験豊富な業者への依頼をぜひ検討してみましょう。特に印象に残ったプロモーション動画があれば、そのイメージを制作側に伝えるのもおすすめです。

 
 
 
 

日本屈指のクリエイター、酒井靖之監督が

最前線のクリエイティブの話題から、

人生に役立つ情報まで縦横に語り尽くす!

 

クリエイティブに生きたいすべての人に贈るYouTubeチャンネル「sakaiTV」。

 

sakaiTV

 

 

売れる動画・映像制作のパイオニア

ロゴ

 

 
 

お見積りは無料。
動画制作のご相談・ご依頼は、
下記よりお気軽にお問い合わせください。

電話番号 03-5362-1255 営業時間 10:00~19:00

CONTACT US

Copyright © 2009-2018 ARTSTECH CO., LTD. All rights reserved.