「セミナー動画」はなぜ有効か?制作のポイントやメリットを解説

「セミナー動画」はなぜ有効か?制作のポイントやメリットを解説

2019.10.12 (Sat)

「セミナー動画」はなぜ有効か?制作のポイントやメリットを解説

セミナーは、企業や団体のマーケティング戦略の一つ。

本記事ではセミナーの光景を動画に収めた「セミナー動画」について、

メリットや制作の際のポイントをご紹介します。

 

■ 「セミナー動画」はなぜ有効か?制作のポイントやメリットを解説!

 

 

■ セミナーとは?

 

セミナーとは、ドイツ語でゼミナール、つまり大学のゼミと語源は同じです。

大学においてのゼミは、小人数の学生のチームで専任の教師の下、

討論や研究発表を行う授業のこと。

 

つまり、セミナーとは勉強や研究の結果を発表し、討論を行う集まりのことです。

そして、特性は自由参加であることです。つまり、何かを身につけたい方が

参加しているものだといえます。

 

規模により参加人数は変わりますが「有益な情報を得るために、お金を払って参加するイベント」

というのが一般的なセミナーの定義でしょうか。

 

 

■ セミナー動画を制作するメリット

 

セミナーを開催するには、多くの時間と労力を使います。

お金を払って参加される方に、満足いただける内容とするためです。

 

伝えるべき価値ある情報を整理し、さらに研究を深め、セミナー当日まで、

クオリティを高めていかなければなりません。デモンストレーションなども交えて、

より魅力あるものへ仕上げていきます。

 

このように、大変な時間と労力をかけて当日を迎えるセミナーですが、

それを1日の出来事として終わらせてしまうのは、もったいない話です。

その模様、一部始終を映像に収録することは、とても価値あることであると、

容易に想像できると思います。

 

それでは、どのように活用したらよいかを考えます。

セミナーは長時間にわたることが多いですが、その内容を短くまとめ活用することがポイントです。

例えば、1時間のセミナー内容を、約3分にまとめます。

 

キーワードを抽出し、ポイントのみを切り出し、編集していきます。

この場合、時間は20分の1になりますが、内容は濃くなります。短くすればするほど、

重要な箇所を浮き彫りにすることができます。

 

例えば3分にうまくまとまれば、どんな人でも、すきま時間で見ることができます。

 

紙の資料とは違う、講演者の熱量を感じるセミナー動画は、

視聴者の心に届きやすいコンテンツとなるのです。

 

◆  セミナー不参加者への配信が可能

こうした動画は、まずセミナーに参加できなかった人へ配信することが有効です。

例えば、顧客リスト全員にセミナー開催を告知しても、セミナーに参加していただけるのは、

1~2%のみ。98〜99%のほとんどの方は、実際のセミナーに参加いただけない

というデータがあります。

 

その98〜99%の中には、参加したくても、やむなく参加できなかった人も必ずいます。

その潜在層に向けて配信することは、非常に有意義であると考えます。

 

◆  参加後のフォロー

さらに、セミナーに参加できなかった人に向けて配信できることはもちろん、参加した方のフォローにも使用できます。

 

満足されて帰った後日、御礼メールと共に、セミナー動画のダイジェストバージョンが送られてくると、あの時の気づきや高揚をもう一度思い出してくれるはずです。

さらに、参加者の上司や同僚、周りの人へ広がっていく可能性も秘めています。

 

さらに短い尺のダイジェストバージョンを見ていただき、さらに詳しく見てみたいという方向付けをし、フルバージョンをじっくり見ていただくということも、戦略として考えられます。

 

◆ 広告としての効果

このセミナー動画を自社、または個人のWebサイトに掲載していけば、Webサイト自体のコンテンツの強化はもちろんのこと、会社、個人を宣伝するためのコンテンツも増えていくことになります。

 

セミナーは有益な情報の宝庫。

 

セミナーを撮影することで、その宝を永続的に活用できることが最大のメリットです。

 

 

■ セミナー動画を制作するポイント

 

◆ セミナー動画の制作方法

セミナー動画を制作するためには、まず撮影用の機材が必要です。

カメラと三脚、そして音を録るためのマイクです。

 

セミナー参加者の邪魔にならない、かつ、なるべく正面のいい席を撮影用に確保することが重要です。

 

参加者の頭部が映り込まないよう、カメラ位置やアングルを決めていきます。

 

複数のカメラを用意し、正面以外の角度から撮影するのも良いでしょう。

 

講演者が使用するプロジェクターの投影画像を撮影するカメラと、

講演者をメインで撮影するカメラに分けるとよいでしょう。

 

また、セミナーは長時間にわたることが多いので、電源の確保も重要です。

延長コードも用意しましょう。

 

そして、動画を編集する場合は編集ソフト(adobe premiere proなど)

を用意してください。

 

クオリティを重視する場合は、動画制作・映像制作会社に依頼することをお勧めします。

撮影から編集の全てを依頼しても良いですし、編集だけを依頼し、

コストダウンを図ることも可能です。

 

動画制作・映像制作会社選びは、なによりも実績を見て、慎重にお選びください。

 

 

 

■ セミナー動画制作の上で重要視すること

 

◆ 飽きさせない演出

実際のセミナーでは、例えつまらない内容だったとしても、

途中で席を立つ方はなかなかいないかもしれません。

 

しかし、動画は実際のセミナーとは違い、途中で視聴を止めてしまい

離脱してしまう可能性があります。

 

それを防ぐために、冒頭のインパクト、随所随所に飽きさせない演出を

入れることが重要です。視聴者をどれだけ動画に引き込めるか、

飽きさせないかが重要です。

 

◆ 画質や音質

また、基本として大切なのは、画質や音声です。

画質が悪かったり、講演者の声が聞き取りにくかったりすると、

離脱の原因になってしまいます。

心配な場合は、やはりプロにお願いするのがよいでしょう。

 

■ まとめ

セミナー動画は、ユーザーがいつでも好きな時間に視聴できるため、

セミナーに参加できなかった方でもフォローでき、また参加した人も後で見直したり、

また、潜在顧客を発掘することができるといったメリットがあります。

 

また、実際のセミナーを撮影するだけでなく、自社の動画コンテンツ用として

セミナーを用意するのも、一つの戦略となります。

 

さまざまな形でセミナー動画を活用し、ビジネスチャンスを広げてください。

 

弊社は、セミナー動画の先駆けともいえる「ツタヤビジネスカレッジ」

の立ち上げに企画から参加し、多くのヒット作品を生み出してきました。

ツタヤビジネスカレッジ

 

より効果のある動画をご希望なら、多くの実績のある弊社をご用命いただけますと幸いです。

起死回生の「動画戦略」

アーツテック公式WEB

 

 

お見積りは無料。
動画制作のご相談・ご依頼は、
下記よりお気軽にお問い合わせください。

電話番号 03-5362-1255 営業時間 10:00~19:00

CONTACT US

Copyright © 2009-2018 ARTSTECH CO., LTD. All rights reserved.