映像・動画制作に欠かせない重要ポイントとは?効果のある動画事例もご紹介!

映像・動画制作に欠かせない重要ポイントとは?効果のある動画事例もご紹介!

2022.02.28 (Mon)

映像・動画制作に欠かせない重要ポイントとは?効果のある動画事例もご紹介!

様々な目的で制作される映像・動画。

最近では企業の宣伝、人材の採用、商品・サービスのアピールなど、幅広く利用されており、映像・動画は、企業にとって欠かせないものとなっています。

 

今回の記事では、映像・動画制作をする上で欠かせない、効果ある映像・動画作成のポイントや、映像・動画の事例をご紹介します。

 

映像・動画制作に欠かせない重要ポイントとは?

映像・動画制作では、重要なポイントをおさえることで、

企業側の「伝えたい」情報をわかりやすく魅力的に「伝わる」情報に変えることができます。

では、実際にどのようなことに注意して制作会社に依頼すれば良いのか、

具体的なポイントを紹介していきます。

 

訴求ターゲットを明確にする

映像・動画制作においてターゲットを明確に想定することが大事なポイントになってきます。ターゲットとは、その動画で最も訴求したい顧客のことです。

ターゲットを想定する際には、ターゲットの性別、年齢、バックグラウンドなどを詳しく具体的にイメージするのがコツです。「どんな人に向けて、どのような内容で訴求すべきか」を見失わないことが大切です。

ターゲットを明確にすることで、動画のコンテンツを深掘りすることができるようになります。その結果、伝えたい情報を伝えたい人にしっかり届けることが可能になります。

 

適切な尺の長さにする

映像・動画を発信するツールや媒体によっても尺の長さは変わってきますが、映像を長々と観る時代は、すでに終わっており、短ければ短いほど映像・動画は効果的と言えます。

多くのWeb動画の目的は、自社サイトやECサイトLPへユーザーを導く為の「マーケティング目的」が主流。その目的では、長尺の動画よりも、短い時間で結論を訴求して、販売するページへと導く必要があります。伝えたいことが多ければ多いほど、動画は長くなってしまいがちです。

しかし、視聴者側の視点からみると、動画が長いほど、途中で飽きて見るのをやめてしまいます。スマホなどで動画を見る人は、隙間時間を利用して動画を見るケースも少なくはない。特に企業のPR動画では尺の長さを意識し、インパクトのある映像・動画でなければ見てもらうことができません。

 

冒頭でインパクトを与える

動画では、最初の掴みが非常に重要です。YouTubeの動画広告は5秒でスキップできてしまいます。最初の5秒でいかに見ている人の心をわし掴みにすることができるかがポイントとなってきます。

5秒間というわずかな時間にターゲットに刺さる映像を映すか、心に響く言葉をのせるかで、動画の効果が変わってきます。

 

ストーリー性を意識する

視聴者の心に響くストーリー性のあるプロモーション動画を作成することを目標にします。

大手企業のTVCMの中には、ストーリー性をもたせ人々の心の琴線にふれる広告を配信するものを見かけます。

これは視聴者に期待感やワクワクさせる気持ち、好奇心を沸き立てていきます。

たとえばCGを駆使して、凝った造りにするのも一つのインパクトを与えるという方法ですが、そのようなコンテンツだけでは飽きがきてしまいます。

人は感動を求めるものです。大切なのはストーリー性をもたせること。物語のように起承転結のある動画を作ることでより多くの視聴者の共感が得られるわけです。

 

撮影する際の注意点

はじめての撮影となると、やみくもにカメラをまわしてしまいがちです。初めはまず以下のポイントを意識して撮影に臨むといいでしょう。

 

手ぶれ

三脚などを使わず、手持ちで撮影する際には脇を締めてブレないようにしましょう。また、撮影するものによっては三脚などを用いてキレイな映像を録ることを心がけましょう。

 

カメラワーク

カメラワークはセンスが出ます。いろいろな映画やプロモーションビデオなど、さまざまなジャンルの映像をみて研究することが大事です。

ただ、初めはコツをつかむために丁寧に進めていくことが大事です。カメラを回した開始直後と終了前には一旦止めの時間を作ることがポイントです。

動画は後に編集でカットできるため1カットは長めに撮影しましょう。映像の頭とお尻の数秒間はブレることもあるため、後で切り捨てる可能性が高く、そのため映像がギリギリの長さしかないと違和感と感じられます。

 

構図

動画撮影は、被写体のサイズ・位置や角度を意識した「構図」が大切な要素のひとつになります。同じ被写体であっても、構図にこだわることで完成度が違います。

構図を決める際は、撮影の目的を鑑みることが重要。たとえば、アパレルのウエアなどの場合は、モデルの全身を。メイク方法のHowtoものの場合は、顔のアップショットや手元など。いろいろな角度からみてみて工夫するのが良いでしょう。

被写体の奥行や躍動感を表現したいときは、対角線構図を意識することもポイント。絵画のように表現したい場合は、人物の横顔や斜め45度からの画角を意識します。

 

映像・動画制作を委託するメリットとは?

初心者でも手軽に映像・動画を作れる時代になりました。

コンテンツの発信ツールも「Youtube」や「Instagram」、さらには「Tiktok」など様々あるので、「自分で作った方が安い!」、「制作会社に依頼するのはもったいない!」と思うかもしれません。

 お金をかけずにやり過ごしたいと思う気持ちもあると思います。しかし、動画コンテンツの重要性、必要性が高くなっているからこそ、制作会社に依頼することにメリットは数多くあるのです。

 

ハイクオリティの動画が制作できる

動画は、ただ撮影をして編集をすれば完成というものではありません。カメラワークや映像・動画ならではの躍動感などが出るように、監督とカメラマンとが綿密に打ち合わせをし、撮影を行います。またキレイな絵を撮るためには照明も必要です。

編集においても、オープニングからエンディングまでしっかり最後まで作りこむことで、単調でメリハリのない退屈な動画ではなく、「最後まで見せきる動画」へと変わっていきます。

素人目線ではかなわない、クオリティの高い動画を作れるのが、制作会社に依頼する一番のメリットと言えます。

 

企画力と構成力がある

2時間あるような映画でも、数分だけの短い映像・動画でも、制作工程は同じであり、企画、構成がしっかりしていないと魅力のある作品を作ることはできません。

制作会社では、撮影前から動画のコンセプトを明確にし、それに基づいて動画制作を進める企画力と構成力を持っています。こういった実績が、経験や知識のないアマチュアでは作り込めない世界を、無駄なく表現してくれるのです。

動画制作のノウハウ、また幅広い知識がないと、企画や構成を作り込むことができません。余計な部分を盛り込んでしまったり、肝心な部分が足りていなかったりしては、伝わるものが伝わりません。しっかりヒアリングを行うことで、企業の「伝えたい」を、視聴者に「伝わる」映像・動画に変換できるのです。

 

 

失敗しない 映像・動画制作会社選びとは?

映像・動画の制作会社は数多くあり、もちろんどこも映像・動画を作ることはできますが、制作費用もスタッフの技術力も各会社によって異なります。どこに依頼すればよいか分からないと言う方もいると思います。

失敗しないための制作会社の選びのポイントをご紹介します。

 

コミュニケーションがしっかりとれる会社か見極めること

映像・動画を制作する上でコミュニケーションを取ることは必然であり、良い作品を作る上ではなくてはならないのがこのコミュニケーション。

制作会社と依頼者はもちろん、監督とそのもとで作品を作り上げるスタッフの間にもコミュニケーションは必須です。制作会社に依頼するときに、いろいろな情報を盛り込みたくなったり、CGを使ったかっこいい映像にして欲しかったり、思うことはいろいろあると思います。

その中で、制作側がクライアントの「伝えたい」を汲み取れることが制作会社を選ぶ基準になると思います。本依頼の前に一度打ち合わせを行い、しっかりコミュニケーションできる会社かを見極めてください。

 

作会社にノウハウがあるかどうか確認すること

制作会社によって、それぞれ得意不得意の分野や制作が可能な技術があります。

満足できる映像・動画を制作してもらうには、自分たちが作りたい動画の目的・イメージと、制作会社の得意とするものが合致しているかどうかを確認することも重要です。制作実績などを調べ、得意としているジャンルや雰囲気の映像・動画を確認することをおすすめします。

制作会社もただ作れば良いというわけではありません。依頼者の業界や業種は少なくても情報を知っておくべきだと考えます。作る側が、ある程度の知識を持っていれば、企画の段階から撮影に至るまでスムーズに進められることができます。

依頼者の作りたいイメージに近い映像・動画の見本があれば、それを制作会社に伝えて依頼すると素早い対応ができるはずです。希望のイメージに近く、目的を実現してくれるような会社に依頼することをおすすめします。

 

映像を印象的・魅力的に制作できる能力があるか

映像・動画コンテンツは冒頭の5秒がポイントです。

近年の動画視聴の多くは、スマートフォンで「隙間時間」に行われる傾向にあります。冒頭部分が”面白くない”動画は、視聴者がすぐに離脱。数秒で心をつかむ工夫が必要なのです。

テレビでも、どのメディアでもそうですが、視聴者が、次が観たくなるような展開にしていかなければみてくれません。娯楽が溢れている現代、作成した動画を見てもらうためには、相当工夫を凝らさなければいけません。

視聴者を惹き付ける何かがなければ、あっさりと見切りをつけられます。企業案内やB to B動画においても、観てもらうための「演出」を施していない動画は、すぐに離脱されてしまうのです。

ターゲットに刺さる映像、ターゲットの心に響く言葉、さらには、冒頭の短い時間に、どれだけ効果的な情報をコンパクトに入れ込めるかが成功の鍵となります。

 

依頼する制作会社が信頼できるか見極める

ビジネスは、結局は人と人との信頼関係です。

信頼できる制作会社とタッグを組むことが、効果の出る動画を最大限に作ることができると考えます。企画からクライアント側、制作側が共により良い作品を作れるよう、打ち合わせを繰り返し、納得の行く作品を作り上げることが重要です。

作品がクリエイターの独りよがりになっていないか、弊社では、クライアントにシビアな目線で試写をしていただきます。しっかりとコミュニケーションをとり、クライアントの想い、制作の力を最大限に盛り込んだ作品作りにこだわっております。同じ想いで、同じゴールを共に目指す制作会社とぜひ、タッグを組んでください。

 

効果のある動画事例

 

 

プライムスター保育園グループ

【感動動画】「子どものゆいと 30歳のゆい」

「ゆいに幸せになってもらいたいから・・・。だから私はいろんなことを強要してきた」 娘を誰よりも分かっているつもりで、本当は何も理解していないことに気づく母。 「30歳になった時、君はどんな君でいるのだろう」 真の保育とは何かを問う、感動のショートムービー。

 

 

プライムスター保育園グループ

【感動動画】「ハートの種明かし」

「みんなの頭の上にあるものは何?」主人公の大樹は、友人たちにはあるけれど自分にはない「大切な何か」に気づきます。子どものゆいを通して、その「大切な何か」の謎が明かされてゆく…

プライムスター保育園グループの保育ショートムービー第二弾!

 

 
 
 
 

ウォータースタンド株式会社

MISSION&VISION Promotion Video」

農林水産省「サステナアワード2020 伝えたい 日本の“サステナブル”」ルーキー賞受賞作品。

“大地は祖先から受け継いだものではなく、未来の子供たちから預かっているもの”(アフリカのことわざより)

美しい地球を、美しいままに、未来の子どもたちへ——

環境問題へ真剣に向き合うウォータースタンド の、ミッション&ビジョンとは。

 
 
 
 
 
 

まとめ

動画制作をプロに依頼するメリットはたくさんあります。

動画は誰でも比較的簡単に作れますが、企画力や編集力また、効果をしっかり出す動画は、やはりプロの作ったものには勝てません。クオリティの高い動画制作はプロに依頼することを強くおすすめいたします。

アーツテックでは、クライアントと強い信頼関係を築き作品を作っております。10年、20年とご依頼頂いているクライアント様も多数ございます。

また、サービス紹介、YouTube広告、SNS動画広告、TVCMなど高品質で業界、ジャンル、シーンを問わず、豊富な制作実績があります。プロに動画制作を依頼することで、訴求力があり、高画質で、コストに見合った動画を作ることが可能です。ぜひ一度、アーツテックにご相談ください。

 

日本屈指のクリエイター、酒井靖之監督が

最前線のクリエイティブの話題から、

人生に役立つ情報まで縦横に語り尽くす!

 

クリエイティブに生きたいすべての人に贈るYouTubeチャンネル「sakaiTV」。

 

 

sakaiTV

 

 

売れる動画・映像制作のパイオニア

ロゴ

お見積りは無料。
動画制作のご相談・ご依頼は、
下記よりお気軽にお問い合わせください。

電話番号 03-5362-1255 営業時間 10:00~19:00

CONTACT US

Copyright © 2009-2018 ARTSTECH CO., LTD. All rights reserved.