新しいブランディングのあり方〜「感動」の動画戦略 〜

新しいブランディングのあり方〜「感動」の動画戦略 〜

2022.08.30 (Tue)

新しいブランディングのあり方〜「感動」の動画戦略 〜

 

新しいブランディングのあり方

〜「感動」の動画戦略 〜

 

 

2020年より始まった新型コロナウィルスの感染拡大。

暗い世相に追い討ちをかけるような、ロシア・ウクライナ戦争。

世界が混沌とする中、私たちは様々な変化を余儀なくされました。

 

働き方、消費行動、それに伴うマーケティング活動、動画を含む広告・コンテンツ制作ももちろん変化を求められています。

 

この記事では、こうした時代だからこそ効果のある、新しいブランディングのあり方について詳しく解説します。

 

 

 

 

 

結果・効果の出る企業のブランディング論

 

今までのブランディング動画というのは、企業の理念を、CM的な発想で形にするというのが主流でした。

 

新型コロナ感染拡大後、消費者の購買スタイルが変化している今では、同じやり方では通用しないと考えます。

 

たとえば、消費行動を例にとると、しばらく実店舗に足を運ばなかった、という方も大勢いらっしゃると思います。

 

昔の購買スタイルに基づき、「消費者の皆さん歩み寄ってください」といった5年前と同じブランディングでは、効果を望むのは非常に難しいと言わざるを得ません。

 

ネットで消費するのが主流となった現在では、web上で、商品を際立たせることが大事になってきます。

 

いわゆる「商品PR動画」です。

 

しかし、ただ動画を作れば売れる、といった安直なものではありません。

今の時代、その作り方にはコツがあります。

 

たとえば、感染拡大後に流行した「クラウドファンディング」。

 

SNSなどでも、クラウドファンディングの広告動画が目立っていて、私自身も、それを見て、つい買ってしまったことがあります。

 

どうして自分が買ってしまったのか、これを分析すると、「応援」したい気持ちがひとつ。

 

もうひとつは、企業や開発者の、その商品への“想い”が伝わってきた時です。

 

 

 

◆「感動」の動画戦略とは

 

今、こうした時代は平時ではなく、有事の時代。

 

状況が困難であればあるほど、企業の熱や想いの伝わる映像・動画が良い結果を生むと考えます。

 

大事なことは、商品のファンになっていただく前に、自分の会社のファンになっていただくこと。

 

これこそが、ブランディングの目的でありますし、お金をかける意味もある、と思うのです。

 

「想い」が伝わりやすい動画の手法としては、「開発者へのインタビュー」です。

 

 

 

 

今までのように、この商品が、どういったコンセプトで作られ、どういう特性を持ち、またどういう人に買って頂きたいか。

 

もはやそれだけではダメだと思うんです。

 

商品開発というものは、必ず、作る側、売る側の想いが込められています。

 

どのような想いで作られたモノなのか。どんな人に使っていただきたいか。

 

消費者へ、想いと気持ちを訴えること。

すなわちココロが動くメッセージを入れていくことが重要です。

 

 

さらに、今の時代としては、ストーリー仕立てのブランディングムービーというのが最も有効な手段です。

 

 

自分の会社の、理念や想いを、ドラマの形で表現するモノです。

ブランディングムービーを、どうすればより伝わるものにできるのか。

 

私たちが10年少し前から「感動」をテーマにした動画戦略を始めました。

 

 

◆「ココロが動く」感動動画の事例

 

 

2011年 3.11——。

 

日本中を失意のどん底に陥れた、この出来事を境に、TV-CMは公共広告機構ACのCMにとって変わりました。

 

記憶されている方も多いと思います。

 

私達も、ノーテンキなCMをやめ、ドラマ仕立ての感動動画を始めた訳です。

 

有事の際に必要なのは、視聴者のココロに寄り添えるもの。

 

皆が勇気を持って前に進めるCMではなければいけないと思い、感動動画を作り始めたのです。

 

 

 

 

アーツテック流の「ココロが動く」感動動画の事例を紹介させて頂きます。

 

まずは、記念すべき最初の1本目「母娘の絆」です。

 

◆記念すべき1本目「母娘の絆」

 

 

一本目を作る際、広告色をなるべく排しました。

 

クライアントからは、「もっと商品を出せないの?」というお声がありました。

ごもっともだと思います。

 

でも皆様、考えてください。

YouTube、SNSなどの媒体は、広告が最も嫌われるメディアではないでしょうか。

 

興味のない、またつまらないCMなら、まちがいなくスキップするでしょう?

 

TV-CMのような発想ではいけないと、何度もクライアントを説得しました。

 

ともかく、時間がかかりましたが、最後はお客様もご納得いただき、ユーチューブにて配信されるように。

 

1ヶ月で200万PVを超える再生回数となりました。

 

 

 

 

そして次が、全世界で5000万回を超える再生回数を伸ばした作品「おばあちゃんの口紅」です。

 

全世界で5000万回再生!「おばあちゃんの口紅」

 

 

これは、ある化粧品会社の開発スタッフの実話を元にした物語です。

 

会社の開発スタッフにヒヤリングした際、この話を聞いたのです。

 

この話こそ、企業の想いの全てが詰まっていると考え、思わず

 

「それ、いただきです。それでいきましょう!」

 

と叫んでしましまいました。

 

結果、信じられないほど再生回数が伸びた記念碑的な作品となりました。

 

 

 

それから何10本もの感動動画を制作する中で、

 

“このカタチこそ、一番企業理念を伝えることができる”

 

そしてまた、

 

“みんなに観てもらえる動画”

 

ということに気づきました。

 

そして私どもは、この感動動画を、新たなブランディングムービーとして、戦略的に捉えていったわけです。

 

 

 

 

◆「伝えたい」を「伝わる」に

 

お客様には「伝えたい」ことがあります。

 

「伝えたい」ことがあるからこそ、多額の制作費を使って、広告制作物やテレビCMを作っていくわけです。

 

しかし「伝えたい」ことを、そのままストレートに直訳して発信しても、視聴者には伝わらないのです。

 

要は「伝えたい」ことを「伝わる」ように変換しなければなりません。

 

「伝えたい」を「伝わる」モノに変換することこそ、私達の出番。

 

「伝わる」からこそ、視聴者は、その企業をよく知ることができる。

 

その企業のファンになる。

そしてその企業の商品が欲しくなる。

 

つまりは、伝わらなければ何の意味もないのです。

 

この伝わる度合いが高いのが、いわゆるこの感動動画というものなのです。

 

 

この10年余りで、アーツテックは数10本の感動動画を作ってまいりました。

 

これらのどれもが、高い再生回数を誇っています。

 

視聴回数を伸ばすための特別な施策、マーケティングやPRなどはほとんど行っていません。

 

それなのになぜ、再生回数が高いのか。

 

タネを明かしますと、「感動」を伴うコンテンツを、人は見たいという欲求があります。

 

もともとこの欲求を、人は持っているのです。

 

そして「感動」したら、人にそれを教えたくなるという欲求もあります。

 

「ココロが動く」と「シェアをしたくなる」。

単純にいうと、そういうことです。

 

この手法は、ブランディング力としては、相当高いと思います。

 

 

数億円の予算を投じてTV-CMを打つよりも、数十分の一の予算で、ブランディングができるのです。

 

ただし、中途半端な感動では、反感を買うだけで、逆効果になることを注意してください。

 

テレビドラマを観ていて、演技が臭かったり、設定がありえなかったりすると、我に返って、「なんだこれ」「これ嘘じゃん」と思った経験のある人は多いと思います。

 

私も、もともとドラマ畑でやってきたのですが、いつも思うことは、

 

「ドラマというのはそもそも嘘のもの、フィクション。

しかし、嘘を貫き通す演出力、力量がないと、ブランディングどころか、本当に逆効果になってしまう」。

 

これを本当に注意してください。

 

 

 

アーツテック流の「感動動画」のスタイルとしては、

これら「ドラマ」のほかに「ドキュメンタリー」スタイルがあります。

 

通常、企業広告の動画は、100パーセント台本があります。

 

台本なしで撮影することなど、絶対にあり得ません。

 

 

私自身、ドキュメンタリー作家でもありますが、ドキュメンタリーには、台本があってはいけないのです。

 

それでは、ノンフィクションではないし、結論をシナリオに書いてしまっては、いわゆる「やらせ」になってしまいます。

 

これも、クライアントと相当話し合って、GOをいただいた作品です。なにしろ、結論がどうなるのかわからないわけですから、大変な勇気が要ったこととお察しします。

 

◆「京都きもの友禅」

 

 

そして、今最も求められている動画と言えば、

社員が一つになる「One Team動画」だと思います。

 

 

新型コロナウィルス感染拡大に伴い、働き方も大きく様変わりしました。

 

テレワークというスタイルでの在宅勤務。通勤時間が無くなるなど、メリットも確かに多いと思います。

 

 

しかし、人間はとても弱い動物です

自分一人では、頑張れない。モチベーションも上がらない。

 

そんな人も多いのではないかとご推察します。

 

 

みんな頑張っている。

ひとりじゃない。

困難な時代を、みんなで乗り切ろう。

 

そんな気持ちになれる動画、モチベーションが上がる動画が、今の時代には必要なのだと思います。

 

社員の皆様が、イキイキと、前向きな気持ちで頑張る、頑張れることが、会社の業績を上げる最も大切なことだと思うのです。

 

◆「One Team動画」

 

 

 

こうした作品は、社内だけではなく、社外の人が観ても、ココロが動く。

 

ブランディングたり得る動画だと私は思っています。

 

 

まとめ

 

アーツテックは1996年の創業以来、戦略的動画のパイオニアとして、”売れる” “目立つ” ”広がる”動画、ココロが動く動画を制作してきました。

 

私たちアーツテックが考える「戦略的動画」とは、何かと何かを組み合わせて、といった広告代理店的発想ではありません。

 

一つひとつのコンテンツを、緻密に演出し、観る人の感情を揺り動かす、つまりココロが動く動画を作り上げることが、すなわち戦略的動画だと考えています。

 

この時代、観る人のココロに届く、ココロが動く「感動」の動画を制作しなければなりません。

「ココロが動く」「伝わる」動画が与える力は、計り知れない効果があります。

 

ココロが動かなければ消費者は、”商品を買う”とか、具体的なアクションを起こさないのです。

 

私自身、もっともっと自分を磨き、ココロに届く動画、映像を皆さまにお届けできるよう、邁進していきます。

 

<文:酒井靖之>

コンテンツ東京  広告クリエイティブ・マーケティングEXPOに出展した際、行ったセミナーは、

今回の内容と同じことを語っています。

どうぞご覧ください。

「感動」の動画戦略

ー ブランディングに貢献する動画手法

 

 

 

 

お見積りは無料。
動画制作のご相談・ご依頼は、
下記よりお気軽にお問い合わせください。

電話番号 03-5362-1255 営業時間 10:00~19:00

CONTACT US

Copyright © 2009-2018 ARTSTECH CO., LTD. All rights reserved.