5Gの普及で動画マーケティングも注目されている?手法や成功させるためのポイントを紹介

5Gの普及で動画マーケティングも注目されている?手法や成功させるためのポイントを紹介

2023.01.05 (Thu)

5Gの普及で動画マーケティングも注目されている?手法や成功させるためのポイントを紹介

5Gの普及で動画マーケティングも注目されている?

〜手法や成功させるポイントを紹介〜

 

5Gは、通信速度の更なる高速化のみならず、IoT ( Internet of Things )への対応を想定した低遅延化と多接続への対応を実現しています。

 

 5Gが普及すれば、今まで以上にさまざまなモノがネットワークに接続され、生活のあらゆるところで通信が行われると予測されています。

 

そんな5Gが普及してきている世の中で、動画マーケティングは更に重要性が高まることが予想されます。

 

本コラムでは、5Gの普及による動画マーケティングを成功させるポイントをご紹介いたします。

 

 

そもそも5Gとは?

5Gとは主に第5世代移動通信システムのことです。

「5th Generation」の略称で、携帯電話などに用いられる次世代通信規格の5世代目を意味する言葉です。

 

2020年3月から通信サービスがスタートしており拡大が進んでいます。

皆様の中にも、知らず知らずのうちに5Gを利用している方もいらっしゃるのではないかと思います。

 

 

同時接続数の増加

5Gでは多数同時接続が可能な為、1平方キロメートルあたりに100万台の接続が可能です。

この数値は4Gの約4倍の数値となっているのです。

 

5Gの普及によって、家電や車などのあらゆるモノがインターネットに接続することが可能になるのです。

それにより、スマートシティ構想に近づくことが可能になります。

 

街の機能がすべて通信技術でつながることによって、さまざまな社会課題が解決できるといわれていますので、

5G時代の到来により、より高度文明的な社会が更に発展することは間違いありません。

 

 

超低遅延によるタイムラグの減少

「超低遅延」は通信を行う際の遅延のことで、いわゆるタイムラグを極めて小さく抑えられるというものになります。

実際に通信の遅延は4Gの約10分の1になります。

 

身近な例ですと、オンライン会議やライブ配信などで時差が短くなるのです。

 

ビジネスの例で挙げますと、医療機関でのロボットによる「遠隔医療」。

 

医療現場は命に関わる現場ですので、当然高い安全性が求められます。

遠隔医療とは医師が手術中の映像を見ながら手術ロボットを操作する必要があり、この時に通信でのタイムラグが発生すると、命取りになってしまう為、「超低遅延」であることは私たちの生活の安全を守るために極めて重要と言えるのです。

 

 

通信速度の上昇・容量の増加

5Gの「超高速」という特徴は通信速度が格段に上がり、読み込みや送信といったデータのやり取りが快適に行えます。

 

4Gの通信速度は最大で1Gbpsですが、5Gでは最大10~20Gbpsになると言われており、つまり10倍から20倍も通信速度が速くなるとされています。

 

隙間時間にSNSを見ることが主流になってきている現代ですが、5Gが加速することにより更にYoutubeやTikTokなどのSNS動画の勢いが増すと予想されます。

 

更に、この圧倒的な通信速度によって今までは困難であった大容量のデータ送受信が可能になるため、特に容量の大きなデータを扱う映像業界等ではさらなる発展が見込めます。

 

 

5Gの普及によって何が変わるのか

差別化したコンテンツが求められる

5Gが加速することにより、今後も更にインターネット上での情報発信に動画を活用し、動画マーケティングを行う企業は増えていくと予想できます。

 

しかし、動画マーケティングが主流になるにつれて、コンテンツが溢れる世の中になってきていることも事実です。

 

動画を制作しても、ただありきたりな動画になってしまっては、視聴者に見てもらうことは難しいのです。

そうした中で、自社の動画が埋もれてしまわないように、他社との差別化を図ることがとても需要なポイントになっています。

 

動画を制作したから、動画をSNSに掲載したから、といって必ずしも結果につながることわけではありません。

 

アーツテックでは、ありきたりな動画というものは一切制作致しません。

この動画マーケティングが主流になる一昔前から、実効果を出す動画戦略を動画戦略のパイオニアとしてその真価を発揮してきました。

 

インパクトを与える動画を制作し、お客様に実際にアクションを起こさせることが、アーツテックの強み。

 

他コンテンツに埋もれない動画を制作したい、というお考えがありましたら是非一度アーツテックまでお問い合わせください。

 

 

SNSを活用したコンテンツが増える

最近ではYoutubeやTikTokなど、動画コンテンツの需要が一気に高まっています。

 

企業様でもTikTokやYoutubeを活用して、企業ブランディングや商品PRを行うケースも増えています。

 

忙しい現代人、移動時間は、情報収集の場。

 

Wi-Fi環境下でなくとも、電車の移動時間や隙間時間などに動画を視聴することが当たり前になってきている世の中なのです。

 

文字を読むことよりも、動画を視聴する時間の方が多くなっているのが、皆様も実際に体感していると思います。

5Gが普及するにつれ、今まで以上に動画コンテンツの需要は高まることでしょう。

 

 

5Gを活かした動画マーケティングの手法

5Gでは大容量データを高速で送信できるため、4Kや8Kといった高精細の画像をスムーズに配信することが可能になります。

 

動画広告

Youtubeなどで動画を視聴している際に、始まりの部分で広告が流れる仕組みのものです。

 

映像の広告といえば、テレビ広告が思い浮かぶかと思いますが、最近では動画を視聴するユーザーが増加していることから、動画広告の需要が高まっています。

 

動画広告を配信するメリットとしては、カタログやチラシなど画像と文字のみの広告と比べて、多くの情報を盛り込むことができることです。

15秒や30秒の動画でも伝えられる情報はかなりのものです。

1分間の映像には、文字情報に換算して180万文字分の情報量があるのです。

 

5Gを利用することで、高画質の状態で配信ができるため、インパクトのある分かりやすい動画広告を配信することが可能になるのです。

 

 

商品紹介動画

商品紹介動画とは、商品やサービスをわかりやすく紹介する動画のことです。

 

5Gによる大容量通信によって、視聴者の興味を引きやすい高精度な動画広告を配信できるようになります。

配信先はパソコンやスマホに限りません。例えば、サイネージや鏡など、従来では考えられなかった「物」にターゲティング広告をリアルタイム配信できる可能性もあります。

 

VR(仮想現実)」や「AR(拡張現実)」を活用した動画広告も増えていくでしょう。

VRに必要な通信量は1時間あたり5~15GB、高画質設定では30~50Mbps以上ですが、5Gの速度であれば余裕でまかなえるため、動画広告と組み合わせた新しいアプローチ方法も可能になります。

 

 

動画マーケティングを成功させるためのポイント

ターゲット層に合わせて媒体を選ぶ

最近ではYoutube、Instagram、TikTok、Twitter、FacebookなどのSNSが主流。

しかし、ターゲットによって利用するSNSは異なります。

 

現代の10代〜20代の若い世代の方はTikTokを利用していても、40〜50代の方が利用しているとは限りません。

そのため、ターゲット層に合わせて動画を置く媒体を選ぶことが重要となります。

 

またYoutubeでは、動画が再生される際に音声が流れますが、FacebookやTwitterは基本的に音声がOFFのまま再生されますので、音声がない状態でも伝わる動画を制作しなくてはいけません。

 

配信するSNSによって動画事態の構成も最適なものを作成する必要がありますので、そこも踏まえた上で動画マーケティングを行う必要があります。

 

動画マーケティングを成功させるためには、まずはどのターゲットに見てもらいたいのかを明確にする必要があります。

その上で、媒体を選定することで、更に効果を発揮することができるのです。

 

 

ユーザーの興味を引くコンテンツを作る

動画広告でも、商品紹介動画でも、どの動画でも言えることは、最初の数秒でユーザーの気を引くことができなければ、ユーザーは動画を見るのをやめてしまう可能性がとても高いということです。

 

実際に動画を視聴したことがある方であればイメージがしやすいと思いますが、Youtubeの広告でつまらないものであれば早く飛ばしたいという気持ちになりますよね。

しかし、「続きが気になる」という気持ちになれば、広告でも気づいたら最後まで見ていた。ということがあると思います。

このように、最初の数秒間で動画が面白いか面白くないかを視聴者は判断しているのです。

 

最後まで動画を見てもらうためには、再生から5秒以内でユーザーに興味を持ってもらう作りにすること。

最初の5秒間でインパクトを与えられなければ、せっかく動画を配信したとしても、視聴者に見てもらえないという結果になってしまうのです。

 

5Gが加速する現代で動画マーケティングを成功させるためには、適切な媒体を選ぶことはもちろんですが、動画を視聴者に飽きさせない、興味を持たせるように制作することが重要なポイントになるのです。

 

 

まとめ

動画広告はユーザーに商品やサービスの魅力を伝える上でとても効果的です。

一方、5Gが普及していくことによって動画広告が更に一般的になると予想できます。

動画マーケティングを成功させるためには、”視聴者に見てもらえる動画”を制作することが、大きなポイントになってきます。

 

アーツテックでは、「見るのが退屈」という動画は一切制作致しません。

お客さまの「伝えたい」を、「伝わる」形に変換する。すなわち、視聴者が興味を持って見てもらえるものに変換し、さらには実際にアクションを起こさせる映像・動画を制作させて頂きます。

 

ご参考までに、弊社制作実績はこちらをご覧ください。

https://www.artstech.net/works

 

動画マーケティングが普及する現代で、「動画広告を検討しているが他社との差別化が図れるか心配」、「インパクトを与える動画を制作したい」等のお考えがございましたら、是非一度アーツテックまでお問い合わせください。

 

 

お見積りは無料。
動画制作のご相談・ご依頼は、
下記よりお気軽にお問い合わせください。

電話番号 03-5362-1255 営業時間 10:00~19:00

CONTACT US

Copyright © 2009-2018 ARTSTECH CO., LTD. All rights reserved.