一流の撮影術、演出術 〜一流と二流の差は、どこで生まれるのか〜Vol.1

一流の撮影術、演出術 〜一流と二流の差は、どこで生まれるのか〜Vol.1

2023.01.20 (Fri)

一流の撮影術、演出術 〜一流と二流の差は、どこで生まれるのか〜Vol.1

映像業界で高みを目指す全ての人へ!

二十数年に渡り、映像業界の第一線で活躍を続けてきた、弊社代表・酒井靖之監督が説く

一流の撮影術、演出術 〜一流と二流の差は、どこで生まれるのか〜Vol.1」

 

実体験から心得まで、あらゆる角度から、“一流” について、語り尽くしていただきます!

 

 

 

 

あなたは、良い写真 撮れますか———。

 

それは、どんな写真ですか———。

 

■ 良い写真を撮るために

 

「良い写真を撮るために、どうしたらいいの?」

 

よく聞かれる質問である。

 

簡単に良い写真を撮れる方法があるなら、僕が教えてもらいたい。

 

「良い写真」の定義は曖昧である。

人によっては良い写真でも、誰もが良い写真と思うとは限らない。

 

結局のところ、自分が満足する写真が良い写真なんだろうと思う。

 

「写真が上手くなりたいなら、自分が満足する写真が撮れるまで、撮り続けるしかないよ」

と言うと、

「そんなこと言わないでさ、なんか良い方法あるんでしょ?教えてよ」

と言われる。

 

何を撮りたいのか、それによって違うが、ポートレイトなどの人物写真は「もうひと寄り」した方がいいと思うことが多い。

 

遠目から人物を撮っても、良い写真にはならない。

近づいて撮る方が、不思議と良い写真になる。

 

かの有名な戦場カメラマン、ロバート・キャパも、こう語っている。

「君がいい写真を撮れないのは、あと半歩の踏み込みが足りないからだよ」

 

つまり人物写真は、いかに被写体に接近できるか、これがコツである。

 

ただ、カメラが近づくと、人は誰しも緊張するもの。

そうすると、良い表情とは対極の表情になってしまう。

 

「笑って」と言って、素敵な表情で笑える人などほとんどいないのである。

 

知らない人を撮るスナップ写真ならなおさら。

近づこうものなら、「あんた何?誰?」という顔をされる。

当然である。

 

 

 

輝くその一瞬を切り取る

 

映像と違い、写真家としての僕は、スナップ写真を撮ることが多い。

照明や小道具など、余計な演出な一切しない。

過剰な演出は、仕事で十分。

 

僕の写真、アーティスト活動のテーマは、

「その人の人生の、輝くその一瞬を切り取る」こと。

 

僕は、一枚を撮るのに多大な時間を使っている。

 

中国を題材にした「happy China」という写真展で使った写真は、ほとんどが人物写真だが、一枚撮るのに、だいたい一時間くらいかけている。

 

最初にまず、「あなたを撮りたいんだけど」と声をかける。

 

訝しげな表情を浮かべているその人に、自分が日本人であり、写真家・映像作家であると告げる。

そして、この写真を何に使うのかを伝える。

 

たいてい、「なんで自分に興味を持ったの?」と尋ねられることが多い。

 

そして僕は語りだす(中国語はほとんどダメなので、通訳付きだが)。

 

 

あなたに興味を持った点。

 

中国と僕の出会い。

 

中国の好きなところ。

 

日本人を代表して、日中友好をさらに築いていきたい旨。

 

そして、日中友好の展示会を、自費で開催してきた事実など。

 

 

通訳付きなので、ここまで話すとかなり時間がかかる。

 

そして、相手の仕事や、過去、趣味の話まで聞く。

 

話し終えた後、「最後に、一枚撮らせて」と言うと、たいていは気持ちよくOKしてくれる。

 

安心したかのように、最高の笑顔を見せてくれるのである。

 

    

 

見えない壁を取り払う

 

自分と被写体との「見えない壁」を取り払わない限り、良い表情は見せてくれない。

 

しかし、僕はこれを「方法論」だとは思っていない。

人として、当たり前の事をしているだけ。

盗み撮りなどもってのほかである。

 

信頼関係がないと、素晴らしい笑顔など撮れない。(相手が俳優なら別だが)

どんなカメラテクニックをもってしても、ナチュラルで素敵な笑顔は、簡単には撮れないのである。

 

その人の内面まで映し出すような写真が撮れるとしたら、その人のテクニックと言うより、撮る側の

「人間力」の高さだろう。(私のことではありません)

 

 

■一流になるには、一流を知る

 

「一流になりたければ、一流を知れ」

 

修行時代、読んだ本にそのような事が書かれてあり、師匠にも同じことを言われた。

一流になりたかった自分は、早速行動に移したのである。

 

向かった先は、今は閉店してしまったが、当時、フランス料理の最高峰と謳われた「マキシムドパリ」。

 

若干20歳の自分は、ジャケットを新調し、一人でテーブルに着いた。

 

一流ホテルで、配膳のバイトをしていたおかげで、テーブルマナーには困らなかったが、ワインのテイスティングがよく分からず、戸惑った。

 

ウエイターさんは、僕に恥をかかせないよう、上手にリードしてくれたのを覚えている。

 

料理も雰囲気も、とにかく最高だった。

トイレも本当に綺麗に磨かれていて、一流店の底力を知った。

 

支払いは5万円くらいだったと記憶している。

とにかくお金がなかった頃なので、会計額を聞いて一瞬戸惑ったが、その分の価値は十分にあった。

大満足だった。

 

以来、お金を貯めては、足繁く一流店に通った。

 

その店に入って、自分の目で見て、自分のお金で食べてみなければ、その店の価値は分からない。

名声は、あくまでも人の評価であることも知った。

 

 

 

 

一流のお店、一流の人格

 

銀座にある、とある有名な寿司屋。

ここで僕は非常に不愉快な思いをしたのである。

 

隣に座っていたのは、とある有名な御仁。

その方と僕は、明らかに差別されていた。

 

その人が職人に話しかけると、不必要なほどの愛想の良さで応答するが、僕が話しかけると、返事ひとつしない。

 

有名人の常連さんと、若造の一見客じゃあ、しょうがないと言われそうだが、僕は許せなかった。

どんなに有名になろうが、自分はこのようなことはしないと誓ったのもこの時である。

 

しかも、お寿司は確かに美しく握られているが、味はイマイチなのである。

 

 

その後、そのお店と同等の評価を受けている、これまた銀座の有名寿司店に行った。

ここで僕は一流の底力を見る事になる。

 

最初に、大好きなコハダを注文した。

 

見たこともない、美しい寿司のかたち。

口に入れてみると、絶妙な締め具合の魚と、これまた絶妙なシャリが見事に調和していて、感激を通り越して、感動すら覚えたほど。

 

何を注文しても、今まで味わったことのない、まごうことなき最高峰のお寿司がそこにあった。

 

僕の隣に座っていたのは、いかにも地方からやってきたであろう、若いカップル。

年の頃は、僕と同じくらい。

 

お金がなかったのだろう、カップルは、二人で一人前の握りを注文した。

 

主人は嫌な顔一つせず、笑顔で話しかけながら、寿司を握った。

出てきたお寿司は、二人で分けやすいように、お寿司が丁寧に、半分にカットされていた。

 

二人は、「美味しい!」を連発して、大満足で帰っていった。

 

主人は帰り際の二人に「今日は遠くから本当にありがとうございます。是非またお越しください」と言った。

 

 

僕は、本当の一流のお店、一流の人格を見た気がした。

 

 

僕は考えた。

この主人も、この領域に至るまで、想像もできないほどの過酷な修行時代があっただろう。

若き日、「絶対日本一の寿司職人になる」と誓って、大変な努力をしてきただろう。

 

そして、一流の名に恥じない仕事。人間力。

これが、一流と二流の差なんだ、と。

 

僕はこの時誓った。

 

「俺も一流になる。そして、一流の人格も身につけてやる」と。

 

思えば、一流を知るために、大変な散財をしてきた。

でも、自分に投資してきた分は、しっかり元を取れる。いや、それ以上の財産となって、しっかり自分に返ってくる、ということを、身を持って経験させていただいた。

 

 

 

(文:酒井靖之)

 

引用:酒井靖之ブログ どっこい、俺は生きている。

『良い写真を撮るには』 https://ameblo.jp/sakaiblog/entry-12273793842.html

『「撮影、演出」という仕事に大切なこと』

 https://ameblo.jp/sakaiblog/image-12009794215-13265217282.html

『「撮影、演出」という仕事に大切なことVOL.2』

https://ameblo.jp/sakaiblog/image-12011380650-13269256989.html

『一流になるには、一流を知る』

https://ameblo.jp/sakaiblog/entry-12268397219.html

 

 

日本屈指のクリエイター、酒井靖之監督が

最前線のクリエイティブの話題から、

人生に役立つ情報まで縦横に語り尽くす!

 

クリエイティブに生きたいすべての人に贈るYouTubeチャンネル「sakaiTV」。

 

 

売れる動画・映像制作のパイオニア

 

 

 

 

 

お見積りは無料。
動画制作のご相談・ご依頼は、
下記よりお気軽にお問い合わせください。

電話番号 03-5362-1255 営業時間 10:00~19:00

CONTACT US

Copyright © 2009-2018 ARTSTECH CO., LTD. All rights reserved.