サービス紹介動画の作り方や成功事例は?ポイントを押さえて他社と差をつけよう!

サービス紹介動画の作り方や成功事例は?ポイントを押さえて他社と差をつけよう!

2019.12.11 (Wed)

サービス紹介動画の作り方や成功事例は?ポイントを押さえて他社と差をつけよう!

サービス紹介動画を制作することは、このデジタル時代において当たり前のことになってきています。

本コラムでは、動画制作のプロである我々が作り方やメリット、他社と差をつけるポイントまで徹底解説していきます!動画(映像)制作「ARTSTECH(アーツテック)」

 

 

マーケティング担当者の方は、日々限られた予算の中で、サービスの価値を魅力的に伝えることに、頭を悩ませているのではないのでしょうか。

多くの情報を一度に効果的に伝えることができる動画を用いることは、マーケティング活動において非常に有力なツールとなり得ます。

しかし、動画であれば何でも良い、というわけではないと考えています。

 

巷には、様々な動画が溢れています。

興味を引くものがあれば、5秒で切られてしまうものもあります。

しっかりとしたノウハウが詰め込まれた動画でなければ、興味を引く、見てみたい動画とはなり得ないと考えています。

それでは、どのような動画が効果のある動画なのか、アーツテックにて制作したサービス紹介動画を、実例を通してご紹介させていただきます。

 

サービス紹介動画の種類

サービス紹介動画はその種類によって、動画内容は変わります。

大きくは訴求ターゲットが、B to CなのかB to Bなのかによって内容を変え、ターゲット層に合わせた訴求ポイントを分かりやすく伝えることが重要です。

下記にB to C とB to B のサービス動画制作のポイントをお伝えします。

 

B to Cのサービス紹介動画

B to C のサービス紹介動画の制作ポイントは、そのサービスを使うことにより消費者が享受できるメリットをストーリー立てで解説し、テンポよく紹介していくことがポイントです。

常に、消費者(視聴者)目線で購買心理に合わせて内容を構成していくことが重要です。そのサービスを「使ってみよう」という気持ちになるような魅力あるサービス紹介動画を制作していきましょう。

また、同様の競合サービスが少ない新しい業態サービスを訴求する際にも、サービス紹介動画を使うことによりより理解を深めてもらい、興味を持ってもらいやすくなります。

 

B to Bのサービス紹介動画

B to B のサービス紹介動画の制作は、to  Cに比べ動画の活用方法は複雑になりがちです。

だからこそ、to Bのサービス紹介は動画を活用することによって、仕様や使用方法、そのサービスを導入するメリットがより伝わりやすくなります。

実際の使用方法を動画内でただ見せるだけでなく、3DCGやCG、インフォグラフィックスなどを効果的に使用することでより伝わるサービス紹介動画になります。

 

サービス紹介動画を制作するメリット

サービス紹介動画のメリットは、具体的にどんなものがあるのでしょうか。ここでは、動画を活用すると得られるメリットを紹介します。

 

メリット①「伝えたい」を「知りたい」へ変換する

サービス紹介動画のメリットの一つは、サービスの特性や機能が、カタログなどの紙媒体よりも、より分かりやすく伝えることができることです。

往々にして、サービスの紹介は、複雑で、難解になってしまいがちです。小さな文字が一面にぎっしり敷き詰まっているカタログを、ご覧になったことがある方はたくさんいらっしゃるのではないでしょうか。難解になる1つの理由は、企業側の「伝えたい」情報が、あまりにも多くあるからです。

その「伝えたい」を「伝わる」へ変換する。

さらには、「伝えたい」を「知りたい」へ変換すること、それが、制作の大きなポイントとなります。これが実現されなければ、せっかくの動画も、存在意義を失ってしまいます。

徹底的に研究、分析して、そのサービスを完全に理解し、「分かりやすく動画の言語へ翻訳する」この作業が非常に重要です。

「動画の言語」とは、リアルタイムに時間軸で進んでいく動画のリズムに合った、誰もが理解できる心地いいリズムを刻む言語のことです。それは、カットリズム、ナレーションのリズム、音楽のリズムなど様々です。

 

メリット②行動喚起が期待できる

また、サービス紹介動画のもう一つのメリットは、商品やサービスを使用している様子を動画で紹介することにより、消費者の購買意欲を刺激し、意欲を向上させることが可能です。

サービスを疑似体験してもらうことで、サービスの導入意思を高めることができるからです。実際にサービスを体験しているかのようなつくりにすれば、導入検討している企業の担当者や消費者にとって、より理解が深まり導入へのきっかけとなり得ます。

動画を通してサービスの理解を深め、サービス導入後の認識のズレをなくすこともできます。

 

メリット③わかりやすい!視覚的情報量の多さ

動画を活用する最大のメリットは圧倒的な情報量の多さとその情報の記憶力です。

アメリカ大手のマーケティング会社「フォレスター・リサーチ」によると、1分間の動画の情報量は180万語、およそWEBページ3,600ページにも及ぶというデータを公表しています。
参考:A One Minute Video Is Worth 1.8M Words: Content Marketing’s Newest Weapon|business.com

また情報の記憶力、認知度でいうと「言語情報:7%」「聴覚情報:38%」「視覚情報:55%」という割合で情報の受け手はさまざまな情報を処理しています。動画は言語情報・聴覚情報・視覚情報の全てを併せ持っているため、短時間で多くの情報を届けることを可能にします。

 

メリット④サービスの世界観が伝わりやすい

動画活用のメリットは視覚的な要素以外にも音楽やナレーションなどの聴覚的な部分にもこだわりることができることです。そのこだわりは、企業やブランドの唯一無二の世界観を作り上げることにつながり、他社との差別化はその企業、ブランドのブランディング要素になり得ます。

 

メリット⑤汎用的な2次利用が可能

制作した動画は、汎用的にさまざまな媒体で活用が可能です。

WEBサイトだけの掲載だけでなく、自社の公式Youtube チャンネルなどに動画を置いておくことでオーガニックにシェアされたり、SNSでの広いターゲット層に訴求したり、店頭動画や展示会などでダイレクトマーケティングとしての活用など、さまざまな使い道ができます。

 

サービス紹介動画の制作上、重要視すること

サービス紹介動画の制作上、重要視することは、その製品(サービス)の導入を考えている方が、企業において「どのような立場」であるかです。

例えば、それが経営者であれば、「それを導入することによって、具体的にどのような効果があるのか?」

を明確に数値で示すことです。つまり、「なんぼ儲かるの?」という問いかけに答えることです。

さらに、経営者レベルの方には、動画を長い間じっと見ている暇はありません。短い尺で、端的に伝えることがポイントとなります。

また、部署の担当者の方であれば、内容をより深く説明していき、お客様のメリット、ベネフィットを訴求することが必要となります。このように、はじめに訴求対象者をしっかりと見極め、制作の方向性を明確にすることは、もっとも重要なことです。

場合によっては、対象者に合わせて、数バージョンのコンテンツを用意することも、効果的なサービス紹介動画となりうるポイントです。

 

サービス紹介動画の作り方

ここでは、サービス紹介動画の作り方について簡単にポイントをご紹介します。

 

目的を明確にする

サービス紹介動画をつくる時におさえるポイントとしては、目的を明確にすることが重要です。

目的はさまざまでいろいろな効果を狙いたいという担当者の想いがあると思います。しかし、あまりその目的が広範囲であったり、明確化されていないと動画制作の軸がブレてしまいあまり効果のない動画となってしまいます。

具体的に何のためにサービス紹介動画を作るのかを決め、制作を進めるようにしましょう。そうすることで、コンセプト、演出、撮影方法、全体の構成ができてきます。

 

ターゲットを明確にする

サービス紹介動画の制作時には、必ずターゲットを明確するということがポイントです。

若年層なのかシニアなのか、業界に特化しているのか、男性なのか女性なのか、日本向けなのか世界に向けてなど、見て欲しいターゲットによって動画の内容が変わってくるからです。

例えば、to Cの女性向けの商品をアピールするのに男性目線の要素が多用された内容にしてしまうと、見る側は自分向きではないとスルーしてしまいます。

イメージ動画を見る人がどんな人なのかターゲット層を明確にすることで、ニーズに合った動画を制作することができます。

 

効果的な企画構成を組む

動画制作の目的やターゲットなどを明確にしたら、次に企画構成を作ります。企画は、6W1Hをリストアップし、順序だてて構成を練ることが大切です。

Who(誰が) Why(なぜ) What(なにを) Whom(誰に) When(いつ)  Where (どこで)How(どのように)

6W1Hをリストアップし動画の要素を整理することで、購買目的なのか、認知目的なのかなどの動画の方向性を明確化します。6W1Hを明確化し、動画のストーリーを考えて構成を組み立てていく作業に入ります。

演出方法は、たとえば商品開発者がインタビュー形式にするのか、ショートムービーのようにドラマ仕立てにするのかなど目的に応じた効果的な演出を決定します。その際に、絵コンテや字コンテを作ると構成のイメージがしやすくなり、チームで制作する際に共有できるのでおすすめです。

 

動画を編集する

撮影後は編集ソフトを使用し、動画の編集を行います。撮影素材をカットしたり、シーンの雰囲気に合わせてSEや音楽を合わせていきます。

また、映像の色や明るさを調整することも大切です。適宜フィルターやエフェクトを入れ、見ている人を飽きさせない編集を意識してみましょう。テキストも見やすいように大きさや色を付けるなどして工夫しキレイに編集するのがポイントです。

 

 

サービス紹介動画の実例紹介

「陣屋コネクト」サービス紹介動画

 

陣屋コネクト 公式HP

詳しい事例はコチラ!

旅館、ホテルをITの力で変革する、クラウド型 旅館・ホテル管理システム「陣屋コネクト」。鶴巻温泉の老舗旅館「元湯陣屋」の経営をわずか数年で再建したITシステムです。

利益率を大幅に改善し、従業員のサービスレベルを飛躍的に引き上げる原動力となった、クラウド型旅館・ホテル管理システム。「離職率を大幅に下げる」「お客様サービスを格段に向上させる」など、メディアにも多数とり上げられている画期的なシステムではあるものの、従来のカタログだけではどうしても、そのメリットを潜在顧客に伝えることができない、というお悩みをお持ちでした。

我々は、まず、この画期的なシステムの訴求対象者が、旅館、ホテルの経営者、そして部署担当者であることを見極めました。

そして、「経営者向け」の短尺バージョン(2分)、「担当者向け」の長尺バージョン(5分)さらに、二つを合わせたフルバージョン(7分)を制作し、3つのコンテンツを活用シーンに合わせ使い分けるご提案をしました。

「経営者向け」の短尺バージョンでは、「このシステムが何を叶えるのか」を端的に、具体的な数値を公開することで、その効果を分かりやすく伝えました。経営者の立場にある人は、メリットが感じられないものを長く見ている暇はありません。そのため、短めの尺で、何が叶えられるのかを端的に伝える「概要篇」を作成。

その際、「陣屋」自体の成功事例(実際の数値)を用いることで、より説得力のある動画としました。このシステムが「離職率の低下」や「サービスの質の向上」につながり、結果「従業員数が3分の1になっても売上げが2倍になった」。この事実を、グラフィック化し、分かりやすく伝えることがこの動画の肝でした。

「概要編」で興味を持っていただき、より詳しい内容を伝える長尺バージョンの「紹介篇」を見ていただく。この導線をつくりあげました。

長尺バージョンの「紹介篇」では、このシステムがどのように活用できるのかを、ドラマ仕立てにて表現。お客様が予約を入れ、来館し、館内のサービスを受け、そして、チェックアウトするまでの流れに沿って「陣屋コネクト」がどう活用され、その効果が旅館経営にどのような効果を及ぼしていくのかを構成しました。

それにより、「陣屋コネクト」がいかに効果的に機能し、サービスを向上させるかそして、経営者、スタッフにとってどれほどメリットがあるかを分かりやすく、伝えることができたと思います。サービスを疑似体験してもらうことで、より理解が深まり、サービス導入への足がかりとする戦略です。

今や陣屋コネクトは、全国300以上のホテル、旅館で導入され、今年、第2回日本サービス大賞「総理大臣賞」を受賞するほどの、画期的サービスへ成長しました。アーツテックの動画戦略は、その一端を担えたのではないかと自負しております。

 

 

【アニメーション(インフォグラフィックス)を用いた事例】

セイコークロック株式会社

「SEIKO NexTime(ネクスタイム) 電波とスマホで “ 時刻ぴったり ”」

 

レイズラボ株式会社

「Garment Lab =少し待つ= スタイルのファッションブランド」

 

 

 

まとめ

「陣屋コネクト サービス紹介動画」を制作以来、「このようなサービス紹介動画をつくりたい」という企業様から、多数のご依頼を受けるようになりました。

「陣屋コネクト サービス紹介動画」には、アーツテックの「売れる動画戦略」ノウハウが惜しみなく詰め込まれています。

より効果のある動画をご希望されている企業の皆様、多くのノウハウと実績のある弊社をご用命いただけますと幸いです。

 

本屈指のクリエイター、酒井靖之監督が

最前線のクリエイティブの話題から、

人生に役立つ情報まで縦横に語り尽くす!

 

クリエイティブに生きたいすべての人に贈るYouTubeチャンネル「sakaiTV」。

 

sakaiTV

 

 

売れる動画・映像制作のパイオニア

ロゴ

 

お見積りは無料。
動画制作のご相談・ご依頼は、
下記よりお気軽にお問い合わせください。

電話番号 03-5362-1255 営業時間 10:00~19:00

CONTACT US

Copyright © 2009-2018 ARTSTECH CO., LTD. All rights reserved.