「PR動画作成のコツは?事例を基に紹介!」

「PR動画作成のコツは?事例を基に紹介!」

2020.12.03 (Thu)

「PR動画作成のコツは?事例を基に紹介!」

コロナ禍を経験した世の中の消費行動は、これまでより更にWEBの動画視聴なども増え、企業広告として効果的な「動画コンテンツ」が重要視されています。

企業広告としての「動画コンテンツ」の内容を見てみると、企業ブランディングとしてはもちろんのこと、人事採用や、製品紹介・サービス紹介、営業ツールの一つとして等、様々な目的に応じて「PR動画」が活用されています。

今回のコラムは、企業PRの手段として「PR動画」をお考えの広報・宣伝の方に向けて、「PR動画」メリットや動画をつくる方法、制作のコツなど、成功事例について詳しくご紹介します。

 

 

 

■PR動画とは

企業のイメージアップの目的や、商品・製品・サービスを一般に広くアピールするためのものがPR動画になります。

WEBの動画視聴が急速に伸びている昨今では、視覚的なアプローチで印象付ける動画は絶大な効果があると言えるでしょう。

 

今やTVCMよりも、より多くの情報を得ることが出来るWEB動画。

 

特に、多くの人に共感され、人気のある動画はSNSでシェアされ様々な人の目に触れることになります。

 

アーツテックではTV-CMに代わるPR動画をいち早く、「動画戦略」として打ち出してきました。

 

まだ当時は知名度がなかった企業の美容機器を人々に知らしめるために、家電量販店の店頭で印象的な動画を流し人々の足をとめ、手に取らせて購入まで促す。

 

さらにはその場でWEBサイトまで流入させる、ダイレクトマーケティングをPR動画で打ち出してきたのです。

 

実効果のある「売れる動画戦略」で知名度を上げていった企業様からの喜びの声をたくさんいただいたのも事実です。

 

現在では、コロナ禍の時世もあり、ECサイトやSNS、Youtube などでダイレクトマーケティングを戦略的に考えていかなければいけない時代になりました。

 

WEBでのPR動画も店頭と同様に、瞬時に人々に印象付け、欲しい情報を判りやすく伝え、感動や共感を呼び、すぐさま売れるように導線を作る。

 

そのような実効果が得られるPR動画をつくるには、緻密に計算された「ロジック」と経験に裏打ちされたノウハウが必要です。

 

アーツテックでは時代の旬な戦略を先読みし、効果的な「売れる動画戦略」を取り入れ、時流のスピード感を大事にしています。

 

だからこそ実効果のあるPR動画を制作することが出来るのです。

 

 

 

■PR動画をつくるメリット ポイント3つ!

◆たくさんの情報を伝えることが可能!

◆視覚&聴覚のアプローチは印象に残しやすい!

◆消費行動につながりやすい!

 

SNSなどで流れているフィード広告の動画がちょっと気になり、その商品に興味を持ったそんな経験は誰しもあると思います。

 

私もインスタなどで流れてきたフィード広告の動画を何気なく見たあと、

ムクムクと「欲しい」という欲求が沸き上がり、すぐさま企業のECサイトに飛んでおもわずポチッた経験が何度もあります。

情報が溢れる昨今では、短時間で目を引くPR動画が重要になってきています。

アーツテックでは、PR動画がどんな場面で視聴されるか?

コアターゲットは誰なのかで動画の演出を少しずつ変えていきます。

 

 

セイコークロック株式会社

「SEIKO NexTime(ネクスタイム) 電波とスマホで “ 時刻ぴったり ”」

 

このPR動画のターゲットは、ナレーションでも言っている通り、

「時計が狂ってはダメな場所」で過ごす人たちです。

 

セイコーネクスタイムの特徴は、3台の時計を全く同じに一瞬で合わせることが出来るということです。

 

たとえば学校で。

ある教室では4時35分、もう一つの教室では4時40分、さらに他の教室では4時53分なんてことになると困ってしまいますね。

電波で合わせられる時計というのもいくつか世の中にはありますが、どこでもどんな環境でも電波が拾えるわけではないため、その場所の環境に左右されてしまいます。

セイコーネクスタイムは親機で電波を拾って、スマホを使って簡単に子機の時計も正確に合わせられる為、その場所の環境に影響されない画期的な仕組みです。

ですから、いくつもある教室の時計を一度に簡単に正確に合わせることが出来る。

その特徴を判りやすく動画で伝えることは出来ないか?という依頼でした。

 

我々はその想いに応えるべく、インフォグラフィックスを使い、テンポよくセイコーネクスタイムの利点や特長をアピールしました。

そして短い時間で印象に残し、しっかりとユーザーに伝えることに成功しました。

実際に、イベントや営業先で「セイコーネクスタイムってこういう時計なんだ」としっかり理解してもらえ、好評を得ました。

 

このようにちょっと難しい機能を伝えるためには、やはりPR動画が非常に有効であるという証拠の一つになっています。

 

 

 

■PR動画をつくる方法

では、そのような効果的なPR動画をつくるにはどうすればいいか?

下記のように方法はいくつかあります。

 

◆自分で作る

最近ではプロでなくとも簡単に撮影して編集できるソフトもあるため、社内で少し知識のある人が自分の業務外で担当し作っていますというお話もよく聞きます。

自力でのPR動画制作はコストが安い、自分のペースで作れるなどのメリットもあるようですが、時間がかかる上に本業がおろそかになる、高いクオリティーのものは望めないなど、おおよそ効果的なPR動画を制作するには課題がありすぎるでしょう。

 

◆クラウドソーシングで、フリーランスを募集

昨今では、フリーランスの動画クリエイターをクラウドソーシングで募集し格安で動画をつくってもらう。

という方法もあります。

一概には言えませんが、このような募集でやる場合フリーランスの方は取引口座を持っていない事や制作依頼をするときに重要な「動画実績」というものが非常に少ないということが言えるでしょう。

一昔前の「フリーランス」と言えば、映像の制作会社に10年近く働き、ノウハウを身につけた人が独立して「フリーランス」になることが多かったのですが、

昨今では、一風変わった「フリーランス」の人が現れ始めました。

それは、最初からどこにも属したことが無い「フリーランス」の人たちです。

我々はそういう方は「フリーランス」とは呼ばず、「フリータークリエイター」と呼んでいます。

この「フリータークリエイター」は残念ながら、時間感覚や社会的責任ということにやや欠ける人が多いと思います。

そのためしっかりと、依頼主側でコントロールしていかないと、納期が遅れる、要望を組んでくれない、望んだゴールに程遠いなどのトラブルが多々起きていることも事実です。

もしそのような方に依頼する場合は、しっかりと面談したうえで実績など見ていく事が重要です。

実績が少ないということは、ノウハウも少なくそれに応じて戦略的な動画制作も期待できないことが多いからです。

 

 

 

◆「動画実績」重視で動画制作会社に依頼をする

 

弊社のような動画制作会社にPR動画を依頼する場合、ある程度のコストはかかります。

アーツテックではクリエイティブを最大限に発揮し、「売れる」「目立つ」「話題になる」そんな「実効果のある動画戦略」でPR動画制作をしています。

結果費用対効果の側面から考えるとたいへんメリットがあると言っても過言ではありません。

また、制作会社を選定する際に重要視しなければいけないのが、「動画制作の実績」です。

弊社アーツテックは、冒頭でも触れたようにまだPR動画という言葉が一般的でなかった頃から25年を経て、様々な業界1000社・5000作品に上るPR動画の実績があります。

やったことが無い業界は無いと言ってもいいくらい、BtoC、BtoB企業、官公庁、様々なPR動画を手掛けてきました。

BtoCはもちろん、BtoB企業をもっと面白く!というコンセプトを核に、BtoBtoC向けの動画戦略をいくつも手掛けています。

参考までに下記のYoutube 動画、コラムなどをご参照いただければより参考にしていただけると思います。

 

◇sakaiTV 「話題になる動画づくりとは」

 

◇過去にご紹介した、ビューティ業界の動画戦略コラム

「業界別!映像・動画制作の実際」

https://www.artstech.net/column/2554

 

「アーツテック動画実績」

https://www.artstech.net/works

 

実際にアーツテックの「動画実績」を目にした、企業の広告担当者さまから直接PR動画制作のご依頼をいただく事が多いです。

 

下記に挙げるのはその実績の一例です。

 

■動画実績の一例

 

ナガセビューティケァ「あなたらしさを、健康で支える。」

 

「自分らしく輝いて生きる」その源になる”心と体の健康”を、圧倒的な映像美で表現した企業PR動画(ブランディングムービー)

 

「若々しく、イキイキと暮らす」というメッセージは非常に漠然としていて伝わりづらい言葉でもあります。

私たちが考えたのは、ナガセビューティケァの想いをどうすれば視聴者に伝えられるのか?ということを念頭に置いてPR動画を制作しました。

「伝える動画」から「伝わる動画」にするために、目に見えないものをビジュアル化することに注力したのです。

 

イキイキと暮らすためのキーワード。

 

忙しい時もがんばれる体力

 

いつまでも衰えない気力

 

もしもの時も乗り越えられる回復力

 

折れない、負けない気力

 

この4つの力を美しい映像でビジュアル化しました。

 

映像美を追求し、説得力のある動画をめざしたのです。

 

 

実際PR動画は2つの用途に活用するため2本制作いたしました。

この企業の想いを広く伝えるブランディングムービだけではなく、企業で働く人たちに向けてのモチベーションアップになるような動画も依頼していただきました。

そこでアーツテックが提案したのは、取材の中で感じ取った人と人の絆を動画の中で映し出すことでした。

日々の大変な営業活動の中、キラキラと輝いているトップ営業マン2名に対談をしていただき、ナガセビューティケァさまが日頃大事にしている、「人と人のつながり」はこういうことなんだということが、感動的に伝わるインタビュー動画といたしました。

このインタビュー動画は一部非公開のため実績としてお見せ出来ないのが残念ですが、ご興味のある方はぜひお問合せ下さい。

 

 

 

Meuble「Literie(リテリー) ~ 洗えるマットレス ~ Made in JAPAN」

 

リテリー、リアリー! ?全部洗えるマットレスが新登場。驚きの性能を、アーツテック独自の映像表現で、美しく魅せる、商品PR動画。

 

このリテリーの商品PR動画の始まりは、ネガティブな言葉から始まります。

 

従来、皆様のマットレスに抱くイメージは、いいものは欲しいけれど、高価でしかもメンテナンスが大変。

常に素肌に触れるものなのに、一生洗えないもの。というイメージがあると思います。

 

しかし、リテリーのこのマットレスは丸洗いできるという画期的な商品です。

この最大の利点、「洗えるマットレス」ということを前面に押し出した戦略にしました。

 

PR動画の最も重要な点は、短い時間で商品の特性や機能を伝えるということ、他社と違う差別化できる商品だということを、しっかりと視聴者に伝え、記憶に残る映像にすることです。

 

 

 

 

伊藤園「理想の急須キャンペーン「大きくなって新登場」篇|伊藤園|2019年」

 

伊藤園史上最大のPV数を叩き出した、「オシャレで理想」他、「理想の急須」PR動画の続編が登場。

 

 

長年、伊藤園さまのWEB動画を制作してきた中のPR動画実績の一つです。

 

ただ単に機能を説明しているだけではなく、このPR動画は、実際に機能的にはいろいろあるけれど、

それは別な動画で説明をし、ターゲットとした若い20代、30代の女性に見てもらえるコンテンツにしようということで企画したのです。

 

20代、30代の女性が、急須の機能やお茶のことについて、その機能だけを説明しているPR動画を果たしてみるでしょうか?

私たちはそのターゲットに見てもらうべく、今どきの女子が3人登場し「お茶のみ話で、お茶の話をする」というベタな設定にして、「欲しい!」「欲しい!」「私も欲しい!」を連呼させたのです。

 

その結果、驚く事に本当に「欲しい!」「欲しい!」の喜びの声が集まったのです。

「お客様からのお礼」の手書きのハガキが20㎝の高さになるほど、いまだかつてない喜びの声が伊藤園様に届いたという嬉しい結果をご報告頂きました。

 

このように、実際に「売れる」PR動画をつくるには戦略が必要なのです。

 

 

■まとめ

 

PR動画の活用方法や事例を紹介いたしましたが、効果的なPR動画を制作する上で大事なことは、企業さまと制作会社との信頼関係に尽きると思います。

企業さまの課題をアーツテックならではの「動画実績」から得たノウハウで「売れる」「目立つ」「話題になる」そんな「実効果のある動画戦略」でPR動画制作をいたします。

動画制作会社は数あれど、弊社のような実績を持つ制作会社は数少ないと思います。

ご興味を引きましたら、ぜひお気軽にお問い合わせください。

 

日本屈指のクリエイター、酒井靖之監督が

最前線のクリエイティブの話題から、

人生に役立つ情報まで縦横に語り尽くす!

 

クリエイティブに生きたいすべての人に贈るYouTubeチャンネル「sakaiTV」。

 

 

sakaiTV

 

 

売れる動画・映像制作のパイオニア

ロゴ

 

お見積りは無料。
動画制作のご相談・ご依頼は、
下記よりお気軽にお問い合わせください。

電話番号 03-5362-1255 営業時間 10:00~19:00

CONTACT US

Copyright © 2009-2018 ARTSTECH CO., LTD. All rights reserved.