「単なるアニメーション動画って作る意味あるの?」制作の現場から実例を交えて紹介

「単なるアニメーション動画って作る意味あるの?」 制作の現場から実例を交えて紹介

2020.12.29 (Tue)

「単なるアニメーション動画って作る意味あるの?」  制作の現場から実例を交えて紹介

「単なるアニメーション動画って作る意味あるの?」

制作の現場から実例を交えて紹介

 

アニメーション動画の歴史は、映像・動画の歴史でもあります。

今回は、映像・動画の原点とも言えるアニメーション動画のメリット、種類、特徴を制作の現場からご紹介いたします。

 

また、アーツテックならではのアニメーション動画を、実例を交えてご紹介いたします。

 

 

■アニメーション動画の歴史

 

アニメーション動画のはじまりは、今から100年ほど遡ります。

19世紀末、人間の目の残像効果を利用した、

「動く絵」がつくることが盛んでした。

いわゆるパラパラ漫画です。

その中でもっとも有名なのが、ジョン・エアトンが発明した鳥かごのアニメーション動画です。

 

丸い紙の表側に鳥の絵、裏側に鳥かごの絵を描き、その紙を高速で回転させることで、鳥が鳥かごに入っているような錯覚を起こします。

ソーマトロープ(Thaumatrope)と呼ばれる手法です。

https://www.youtube.com/watch?v=46Mlr4hvW-E

 

その後、映画発明の祖と言われているフランスのリュミエール兄弟が、シネマトグラフを発明してからアニメーションは大きな進化を遂げます。

 

動きのキーポイントとなる絵を描いてから、間の絵を描いていく手法が生まれます。いわゆる「アニメーション」と言われるジャンルの誕生です。

 

世界初のアニメーションは、1906年に作られたスチュアート・ブラックトンの「愉快な百面相」という作品です。

https://www.youtube.com/watch?v=8dRe85cNXwg

 

その後、アニメーションの技術は、映像技術の進化と共に、テレビアニメや、コンピューターグラフィックスへと発展していきます。

 

■ビジネス用途としてのアニメーション動画

 

ビジネス用途として、アニメーション動画をとり入れることは少なくありません。

サービスの紹介や、コンセプトムービーをアニメーション動画で表現している企業は多くあります。

その理由は、複雑なサービスや、抽象的なコンセプトを、アニメーション化することで、わかりやすい動画に仕上げることができるからです。

実写とも組み合わせることで、内容の理解度をさらに深める効果などもあります。

また、アニメーション動画は「難しいことを分かりやすく伝える」という強みがあります。

では、具体的にどういったメリットがあるのかを、ご紹介します。

 

◆メリット1 表現方法は無限大

 

実写動画では表現できる範囲に限界があります。

しかし、アニメーション動画なら表現方法は無限大です。

 

現実には存在しないキャラクターや物体を実在のものとし、

空を飛ばす、などといった非現実的な表現も思いのままです。

 

時に、実写動画よりもモノやサービスを強く訴求できるケースがあります。

 

また、実写動画にアニメーションを加えることで、より理解度を深めることができる動画にとなります。

 

◆メリット2 抽象的かつ複雑な内容を分かりやすく表現

 

無形商材といわれる、ソフトウェア製品やクラウドサービスは、製品・サービス内容が複雑、かつ利用シーンが抽象的なものがほとんどです。

 

このような無形商材において、

いかにして具体的な利用シーンを想起させるかが重要なポイントとなります。

 

アニメーション動画を活用すれば、抽象的かつ複雑な内容を分かりやすく伝えることができ、サービスへの理解度を深めることに繋がります。

 

◆メリット3 費用をおさえられる

 

制作途中で、万が一、動画の中身に大きな変更があった場合、実写では、再撮影することも考えられます。

それには、当然ながら多くの費用がかかります。

アニメーション動画は、変更点に柔軟に対応でき、実写ほど費用がかさむことはありません。特に、定期的に機能改修が加えられるサービス等の場合は、アニメーション動画を用いることで、内容を素早く変更し、リリースできるというメリットがあります。

 

■アニメーション動画の種類 ~アーツテックの実例を交えてご紹介~

 

◆1.キャラクターアニメーション

オリジナルのキャラクターを作成し、それを主役として動かすアニメーション動画です。

 

ゾーホージャパン 「ゾーホージャパン ServiceDesk plus」

 

ヘルプデスクにおける、業務効率アップと経費削減を実現するServiceDesk plusというソフトウェアのアニメーション動画です。

「ゾーホーくん」というキャラクターを作成し、「ゾーホーくん」が、サービスをわかりやすく紹介していくアニメーション動画です。

はじめにサービスデスクにおける、“あるある”の問題を提起し、

それを解決できるのが、このソフトウェアであるということを伝えていく構成。

問題一つひとつを、どのように解決するかを、実際のソフトウェア画面も交えて表現し、利用シーンを想起させる作りとなっています。

利用者のインタビューを加えることで、より信憑性の高め、商品導入への後押しとしています。

 

 

伊藤園「忍者アイス」

 

伊藤園さまの売れ筋商品である「さらさらシリーズ」をアイスにふりかける、

新しいアイスの食べ方を提案した、アニメーション動画。

 

「ふりかける」というキーワードから、忍者が忍法(「忍法味変えの術」)を使い、アイスをつくるという発想が生まれました。

 

単に、お茶の粉をアイスにふりかける実写だけでは、子供たちに受け入れられることはないと考え、今風のヘタウマキャラクターを使用し、子供にも受け入れられるキャッチーさを追求しました。

 

そして、アイスのシズル感を表現するために、実写で撮影し、キャラクターとの合成で、その世界観を統一させました。

 

 

2. 3DCGアニメーション

 

NTTソルマーレ「電子書籍の未来」

 

電子書籍の進化の暴走により、便利だったはずの電子書籍が、人に変わって世界を制することになる・・・

というストーリー。

 

電子書籍というメディアの登場感を、インパクトのある演出と、

その世界観に合ったシュールな3DCGで表現しています。

 

3DCGアニメーションは、イラストアニメーションよりも、表現の幅が広く、動画のクオリティや深みが増すというメリットがあります。

しかし、その分、時間がかかり、またそれに伴い費用もかかるというのが、特徴となっています。

 

 

◆3.インフォグラフィックス

シンプルで、スタイリッシュなアニメーション動画として、今、流行りのアニメーション手法です。

 

極めてシンプルな手法であるため、視聴者の心に残る作品に仕上げるためには、アイデアや構成力、センスが必要となります。

平面広告的なデザインセンスが求められる動画表現になります。

 

セイコークロック株式会社「SEIKO NexTime(ネクスタイム) 電波とスマホで “ 時刻ぴったり ”」

 

「オフィス」「教室」「地下室」など、時間が狂ってはダメな場所。

そこにある掛け時計の時刻を、電波を利用してスマホで簡単に合わることができるという内容。

スタイリッシュなデザインと、流れるようなアニメーションワーク、30秒という尺でつくることによって、SNSなどでも使いやすいアニメーション動画としました。

 

 

富士通「智をつなぎ、明日が楽しみな『まち』へ」

 

「知」がつながり「まち」を形成するというコンセプトムービー。

知をつないでいくイメージの実写映像に、「知」のモチーフとなるカラフルな幾何学模様のアニメーションを合成。

極めてシンプルであるため、逆に高度な撮影技術と、ハイセンスなアニメーション技術が求められました。

映像がメインの作品ですが、アニメーションをデザイン的に加えることで、漠然としたコンセプトが、具体的なイメージとして想起できるつくりとなっています。

 

 

レイズラボ株式会社「Garment Lab =少し待つ= スタイルのファッションブランド」

 

Garment Lab(ガーメントラボ)は、

サスティナブルな社会の実現を目指す、「少し待つ」スタイルのファッシンブランド。

ファッション業界が抱える問題を解決する、画期的なサービスをインフォグラフィックスで表現しました。

1人ひとりがGarment Labのファッション体験をすることで、

明るい未来を開いていけることを、伝えるコンセプトムービーです。

 

 

◆4.「感動」+「アニメーション」

 

プリントパック「晴れ、のち雨、のち晴れ。」

 

プリントパック「一生に一度の思い出」

https://youtu.be/QAvLuHqIboE

 

プリントパックさまの実話を基にしたストーリーを、

「感動」+「アニメーション」という形で、アーツテックならではのアニメーション動画としました。

人気イラストレーターの書き下ろしによるイラストを使用し、

顔の表情、手の動きなど、最小限の動きでアニメーション化した作品です。

数万枚の絵を一枚一枚書き上げつなげていく、いわゆるTVアニメのようなつくりにしてしまうと、膨大な時間と費用がかかってしまいます。

上記のプリントパックさまのアニメーション動画における、作り方のメリットは、

コマ数を減らし、動かす部分を最小限におさえることで、時間と費用をおさえることができる点です。

 

ただし、そうすることで、クオリティが下がってしまっては意味がありません。

1カットでじっくり見せていくため、1カットの質を大事にしました。

人気イラストレータに依頼し、一枚一枚丁寧に描いてもらい、1カットの高いクオリティを保っています。

そして、作品のクオリティを決めるうえで何よりも重要な要素、

「演出」は、代表の酒井靖之監督が担当しました。

「感動」と「アニメーション」を融合することができるのは、

「感動動画」というジャンルを作り出した酒井靖之監督だからできる技です。

単なるアニメーションの枠を超えて、「感動」という強い要素が動画に大きな力を与えています。

「感動」はシェアされ、広がっていく。

プロモーションにおける一番の目的「周知」を実現できる。

その最強の要素が「感動」なのです。

今や、YouTubeやSNSにおいて、「感動動画」は人気のコンテンツです。

「感動動画」は、視聴者に受け入れられやすく、ともすれば、TV-CMを超える効果が期待できます。

アーツテックは、企業におけるアニメーション動画に「感動」を加え、多くの結果を残してきました。

酒井靖之監督の演劇、ドラマの世界で培ったセンスを、アニメーションと融合し生み出された作品の数々は、大きな反響を呼んでいます。

 

■まとめ

アーツテックは20年以上に渡り、「売れる」動画、「目に見える効果」にこだわり続けてきました。

 

それは、アニメーション動画においても同様です。

 

企業や商品のプロモーションやにおいて、単に、説明だけを羅列したアニメーション動画が

「大きな効果を生むか」といえば、それはあまり期待できません。

 

アニメーション動画に「感動」をプラスし、シェアされるアニメーション動画をつくり出す。

「実効果」を生む動画づくり、それがアーツテック流アニメーション動画の作り方です。

 

ご興味のある方は、ぜひお問合せ下さい。

 

筆者:アーツテック制作担当 伊藤

 

日本屈指のクリエイター、酒井靖之監督が

最前線のクリエイティブの話題から、

人生に役立つ情報まで縦横に語り尽くす!

 

クリエイティブに生きたいすべての人に贈るYouTubeチャンネル「sakaiTV」。

 

 

sakaiTV

 

 

売れる動画・映像制作のパイオニア

ロゴ

 

お見積りは無料。
動画制作のご相談・ご依頼は、
下記よりお気軽にお問い合わせください。

電話番号 03-5362-1255 営業時間 10:00~19:00

CONTACT US

Copyright © 2009-2018 ARTSTECH CO., LTD. All rights reserved.